May 01, 2022

【風水】白色が持つ意味と上がる運気は?組み合わせのいい色とアイテムもご紹介

風水における白色の意味

 

無彩色である白色は、心理的にも「信頼感」やクリーンな印象を与えるカラーです。風水では、金の気を持っているため、金運にも効果があります。今回はそんな白色の風水的な効果と組み合わせのいい色、そして白色を取り入れる際の注意点などをご紹介します。

全体的には浄化や金運アップに効果的な色

風水では、白が持つ意味として「浄化」が挙げられます。入ってきた気や、溜まっている気を浄化し、気の流れをよくしてくれます。また、物事をリセットするという意味も持つため、人間関係で悩んでいる時や、新しい環境に飛び込む・新しいチャレンジをする際に取り入れたいカラーでもあります。

白は五行で表すと「金」の気を持っています。そのため、金運アップにも関連するカラーです。入ってきたお金を浄化し、お金の流れを整えてくれます。

白色と相性のいい色の組み合わせ

 

白色は陽の気を持ち、他のカラーの力を引き立ててくれる色でもあります。白はどんなカラーでも組み合わせやすいため、特に強すぎるカラーを取り入れたい際に中和剤として白を取り入れるのがおすすめです。
ここからは白色と相性がよく、より運気アップの効果を高めてくれるカラーの組み合わせをご紹介します。

白×ピンクで出会い運アップ

白色が持つ「浄化」や「新しい気」という意味と合わせて、良縁を引き込むのにぴったりな組み合わせが白×ピンクです。白を取り入れることによって悪い縁は遠ざけ、新しい縁を呼び込みます。そこにピンク色を組み合わせ、生まれた縁を良好に。
色のバランス的にも白とピンクは相性抜群です。ネイルに取り入れたり、ピアスやイヤリングに取り入れてもかわいいですよ。

白×水色で女性の運気をアップ

金の気を持つ白は、水の気を増幅させてくれます。女性は水の気を多く持っているとされているため、白と水色の組み合わせは女性の全体運アップに繋がると言えます。

相手に爽やか・純粋な印象を与える効果もあるため、新しい出会いにも効果的です。

白色×茶色は気の組み合わせがいいカラー

床材に茶色、壁紙に白を使用している部屋は多いですよね。五行の考えでは、土の気を持つ茶色と金の気を持つ白は相生の関係にあるため、運気のいい部屋の条件に当てはまります。
壁紙の色を変えるのもいいですが、ワンポイント程度にとどめ、白い部分を残しておくことをおすすめします。

インテリアや小物に白色を取り入れる時のポイント

 

どんなカラーでも効果を引き立ててくれる白は、カラーコーディネート的にも組み合わせがしやすい色です。しかし、インテリアやファッションが白ばかりになってしまうと、陽の気が強すぎたり、眩しくなりすぎたりするため、少し注意が必要です。ベースを白にして、ポイントで上げたい運気の色を取り入れてみましょう。

白を基調にした寝室で気の流れがよくなる

寝室は元々、1日の気をリセットしたり、気を補充したりする場所です。寝室に白色を取り入れることで、気の流れを浄化し、きれいな気が補充されていきます。特に、気の入口と考えられている頭に近い位置に取り入れると効果的です。人は寝ている間に運気を吸収するため、枕カバーやベッドサイドのライトなどに取り入れてみましょう。

バスルームに白いアイテムを

1日の厄を落とす場所であるバスルームには悪い気が溜まりやすいため、白いアイテムがおすすめです。タオルやスポンジなど直接肌に触れるものを白基調にするのも効果的です。
また、バスルームは水の気を持つ場所なので、金の気を持つ白との相性もバッチリです。
ただし、白は汚れが目立つ色でもあるため、掃除や洗濯は小まめに。汚れたものは買い換えるなどしていつも清潔なバスルームを目指しましょう。

白い財布はお金の流れを良くする

白い財布は、金の流れを浄化し、良くしてくれるため、収入アップに効果的な財布です。同じ金の気を持つゴールドや黄色との組み合わせはさらに金運アップに繋がります。

白色を取り入れて運気アップ!

いかがでしたか。白は金運アップや気の浄化にも効果的なカラーです。様々な色とも組み合わせやすい色でもあるため、気のコントロールがしやすいカラーでもあります。白が持つ効果をおさえて、運気アップに役立ててみてください。

オリジナル商品