May 01, 2022

【風水】紫色が持つ意味と上がる運気は?組み合わせのいい色とアイテムもご紹介

風水における紫色の意味

赤と青の中間色である紫は、心理的効果として、感性を高め、インスピレーションを感じやすくする色として扱われています。風水においても、赤の持つ情熱的な部分と青の冷静さを表す部分が交わって、人気運や芸術の感性を高めてくれる色とされています。今回はそんな紫色の風水的な効果と組み合わせのいい色、そして紫色を取り入れる際の注意点などをご紹介します。

全体的には出世運アップに効果的な色

風水における紫色は、仕事運や出世運に効果的な色とされています。

紫は元々、インスピレーションを高め、精神的に成長した自分をイメージできるようになる色です。
周りに紫を取り入れると、情動的に動いてしまいそうな時に一歩引いた目線で物事を考えられます。自然と落ち着いた行動や、冷静な判断ができるようになるでしょう。そういった効果から、出世運や仕事運アップにぴったりなカラーとされています。

「人の格」を表し、周りとの関係をはっきりさせるという意味を持つため、上司や部下との関係改善を望んでいる場合は、デスク周りや身の回りの持ち歩くものなどに紫を取り入れてみましょう。

ただし、紫色は人を寄せ付けない高貴さを表すカラーでもあります。取り入れすぎると周りが近寄り難い雰囲気を出してしまうため、注意が必要です。

ラベンダー色は邪気払いや浄化の効果を持つ

紫色の中でも、色の薄いラベンダーカラーには邪気払いや浄化の効果もあります。
ラベンダーカラーは、悪い気を寄せ付けません。ラベンダーの香りにはリラックス効果もありますので、気が落ち込んでいると感じた時には積極的に取り入れてみましょう。

紫色と相性のいい色の組み合わせ

 

出世運や邪気払いなど、さまざまな効果が期待できる紫色ですが、人を寄せ付けない高貴さを表すカラーでもあるため、取り入れすぎると周りが近寄り難い雰囲気を出してしまうため、注意が必要です。中間色なので、他の色と合わせて運気アップを狙いましょう。

紫色×黒で恋愛運アップ

紫は実は恋愛運アップにも効果的な色。インスピレーションを高める紫と信頼感を高める黒の組み合わせは、相手との関係性を深めたい時におすすめのカラーです。ドキドキ感のある情動的な感情ではなく、冷静に話し合える関係に発展させることができるでしょう。

紫色×緑は相性◯

火の気を持つ紫は、木の気を持つ緑色と相性のいいカラーです。相生の関係にあり、紫の持つ運気をさらにパワーアップさせてくれます。

インテリアや小物に紫色を取り入れる時のポイント

 

紫色はファッションや持ち歩く小物に取り入れると、その人の格を、インテリアに取り入れるとその家の格を上げることができるカラーです。ただ、取り入れすぎると近寄り難い雰囲気になってしまうため、ラベンダーカラーくらいの薄い紫か、ワンポイントで取り入れるのがおすすめです。

紫色の財布は収入アップにつながる

紫色の財布は、思いがけない収入というよりは、仕事や出世による収入アップ効果が期待できます。これから仕事を頑張りたい人、結果が求められている人にぴったりのアイテムと言えるでしょう。

紫色のファッションは自分に自信が持てるように

紫色を取り入れたファッションは、直感力を高めます。赤色の活発で情熱的な部分と青色の冷静で落ち着いた部分が合わさって、自分に自信を持って判断できるようになるでしょう。小物でさりげなく取り入れるのがおすすめです。スマートフォンのケースやアクセサリーなどに取り入れてみてください。

紫色の花は良い気を呼び寄せ、家の格を上げる

紫色のインテリアは家の格を上げ、良い気や人を呼び寄せます。取り入れやすいアイテムとしておすすめなのが生花です。生花はそれだけで運気アップの強力なアイテムですし、葉や茎の緑色と合わせてさらに効果を高めてくれます。花を生ける花瓶を紫色にするのもおすすめですよ。その場合は、水の気を持つガラスではなく、土の気を持つ陶器がおすすめです。

紫色を取り入れて運気アップ!

いかがでしたか。紫色は使い方によってさまざまな効果が期待できるカラーです。紫色が持つさまざまな効果をおさえて、自分が今必要としている運気を上げるのに役立ててみてください。

オリジナル商品