Nov 08, 2021

ロードバイク女子必見! 初心者におすすめの選び方や日焼け対策も紹介

ロードバイクに乗ろうとする女性

趣味や運動不足解消にぴったりのロードバイク。近年では、通勤の混雑を避けるためにロードバイクを乗っている女子も増えており、女性に特化したデザインも多く用意されています。そこで、本記事ではロードバイクの知識や選び方を紹介します。ロードバイク女子ならではの悩みや解決対策も解説しますので、参考にしてくださいね。

ロードバイク女子が知っておきたい基本知識

ロードバイクの傍に立つ女性

 

自転車にはさまざまな種類があります。その中でもロードバイクは、高速走行に特化した自転車です。ここでは、ロードバイクの特徴や必要なアイテム、盗難対策などを紹介します。

ロードバイクとは

ロードバイクは、摩擦抵抗を減らすためにタイヤが細く、空気抵抗を考えたフレームでとにかく軽いのが特徴です。空気抵抗が少ない前傾姿勢を保つために、ドロップハンドルという下向きに曲がったハンドルを採用していて、自転車の中で最も早く走れます。逆に低速走行には不向きで、不安定になるので注意しましょう。プロのロードバイクレースでは時速40〜70キロ、一般の人の平均速度は20〜30キロ程度です。変速ギアの段階が多いので、ペダルを漕ぐ力を、効率良くスピードに変えられます。

ロードバイクの必須アイテム

ロードバイクを乗るために必須のアイテムは、以下の通りです。

  • ・ライト
    ・ベル
    ・ヘルメット
    ・パンク対応キット
    ・ボトルケージとボトル
    ・空気入れ
    ・鍵
    ライトは事故防止にもつながるので、必ず取り付けてください。パンクすると走行できなくなるので、自分もしくは同行者が、パンクに対応できる知識をつけておきましょう。ロードバイクはタイヤのバルブが他の自転車とは違う形状なので、ロードバイク専用の空気入れが必要です。

ロードバイクの盗難対策

ロードバイクは盗難に遭うリスクが高いので、注意が必要です。ボルトカッターや金ノコ、ジャッキなどの大型工具を使用して盗難されます。以下のような対策がおすすめです。

  • ・目の届かないところに停めない
  • ・自宅の敷地内や最寄りの駐輪場、職場内の安全な場所に停める
  • ・構造物とロードバイクを繋ぐ
  • (チェーンタイプの鍵で構造物やフレーム、ホイールと繋ぐのが主流です。破壊されにくいU字ロックの鍵も併用すると安全性が高まります。)

女子におすすめのロードバイクの選び方

壁に立て掛けられたロードバイク

 

ロードバイクは高価なものが多いため、購入の失敗は避けたいもの。しかし、これから購入する人は、どういった基準で選べば良いのかわからないという人も多いでしょう。ここでは、女子におすすめのロードバイクの選び方を紹介します。

使用用途で選ぶ

ロードバイクにさまざまな種類があるため、「どんなことがしたいのか」を考えることが大切です。お店の人に相談すると、自分の希望にあったロードバイクを教えてもらえます。通勤や通学用、ダイエット用、旅用など用途はさまざま。有酸素運動としても効果が高い自転車はダイエットにもぴったりです。またロードバイクは、寄り道しやすく旅にも最適。最近では、旅先での写真をSNSにあげる人も多く見られます。

予算を決めて選ぶ

初心者向けのロードバイクは、安全面や性能面でも安心できる8〜15万円くらいがおすすめです。ペダルは付いていないものが多いようです。シューズやウェアなど、ロードバイク本体以外にも必要なアイテムがあるので、トータルではプラス3万円くらいかかると見込んでおきましょう。

デザインで選ぶ

ハンドルのデザインやロゴ、デザインなどさまざまなロードバイクがあります。近年では女性のロードバイク人口の増加に伴い、機能性やデザイン性を重視したものも増えています。フレームの素材やコンポーネントと呼ばれるパーツも重要な要素です。こだわりがある人はそのこだわりに合わせたものを、特に決まっていない人は、見た目のインスピレーションで決めると良いですね。

ロードバイク女子のお悩み&解決策

リードバイクをこぐ女性

 

ロードバイクに乗っていると日焼け、太ももやバストへの影響、乗り心地など女子ならではの悩みが出てくるものです。そこでロードバイクを快適に乗るために、女子必見の悩み解決策を紹介します。

【日焼け】日除けアイテムや日焼け止めを使う

ロードバイクは屋外スポーツなので、日焼けしやすいのが懸念点。日焼けは、シミ、そばかすを増やす原因になってしまいます。日焼け予防として、長袖を着るか日除けのアームカバーが必須です。指先までカバーできるものがおすすめですよ。膝も日焼けしやすいので長ズボンやレギンスを穿きましょう。帽子をかぶってからヘルメット、フェイスカバー、サングラスを着用し、日焼け止めはこまめに塗ってくださいね。

【足の太さ】漕ぎ方やギアに気を付ける

スポーツとして自転車に乗る人は筋肉がついた逞しい足の持ち主が多いのですが、一般人なら足が太くなることはありません。軽めのギアで回転を意識して20分以上サイクリングをする(有酸素運動にする)と細くしなやかで美しい足になります。

【乗り心地】ロードバイク専用のインナーを履く

ロードバイクを乗る上でかなりの人が、お尻などの痛みで悩みます。対策としておすすめなのは、レースパンツやパッド付きインナー。ショーツやタイツタイプを始め、ビブタイツやビブショーツなど、肩ベルトが付いているものもあります。乗っているうちにペダルに体重がかけられるようになり、お尻の体重がかかりにくくなるため痛みも軽減されるでしょう。それでもダメなら女性専用サドルがおすすめ。サドルを変えるだけで乗り心地が良くなりますよ。

【バストケア】スポーツブラを着用する

バストの揺れや痛みがあります。前傾姿勢なので、バストのクーパー靭帯が伸びたり切れたりして垂れることも。スポーツブラでしっかりとホールドしましょう。汗による蒸れや不快感も軽減されます。スポーツに特化したものや、耐久撥水性に優れた機能的なスポーツブラがあるので、探してみてくださいね。

【シーン別】ロードバイク女子に最適な服装

ロ―ドバイク用の服を着た女性

 

ロードバイクを乗るときに悩んでしまうのが服装ですよね。ロードバイクに特化した専用のウェアもありますが、通勤や街乗りでは最適な服装を選びたいものです。そこで、ロードバイク女子に最適な服装を紹介します。

通勤するときは職場に合った動きやすいウェアを

ロッカーがあり着替えられる人は、自転車に適した服装でサイクリングし、職場で着替えるのがおすすめです。着替えられない場合は、パンツスタイルをベースにビジネスシーンに合った服装を心がけましょう。ギアに裾が巻き込まれるのを防ぐために、ボトムスはスマートタイプ、自宅で洗えるストレッチ性のあるスーツもおすすめです。スカート必須の職場ならフレームの跨ぎやすさで選んでみてください。革靴やパンプスは職場に置いておき、スニーカーなどペダリングしやすい靴を履き、履き替えが難しいならフラットパンプスを履くと良いですね。

オフのときは走る目的に合ったウェアを

ロードバイク用のウェアは、伸縮性のある生地で体にフィットするよう作られています。通気性や速乾性、断熱性など季節に合った機能の素材で作られているのが特徴です。基本はサイクルジャージ+ロードバイク用インナー。タイツが気になる場合はサイクルスカートやショートパンツを合わせましょう。最初はどんな服装でも良いので、自分の走り方に合わせて服を選んでみてください。街乗りならお店に入るのに抵抗がない程度のカジュアルなスタイルがおすすめです。

雨のときは機能性を重視したデザインのウェアを

雨の時は、うしろが長いデザインの、自転車用のレインウェアを着用しましょう。対水圧の数値が高く、こもった熱を逃がす機能があると便利です。コンパクトに持ち運べるものがおすすめ。レインジャケットやパンツ、ポンチョなどがあります。足首まで高さがあり雨が入りにくいシューズや、シューズカバーなどを利用してみてください。

ロードバイク女子だからこそ楽しめるサイクリングライフを

ロードバイクで通勤する女性

 

ロードバイクは日々の生活が充実することはもちろん、健康や美容にも最適なアイテム。女子ならではの悩み解決策や選び方を参考に、楽しいサイクリングライフを送ってくださいね。

暮らしにプラスしたい新しい趣味。気になるものに挑戦して充実したおうち時間を 初心者女子におすすめ!デイキャンプからはじめるアウトドア

 

オリジナル商品