コダワリの一人暮らし 大学生編 自分らしくいられる場所

一人暮らしの過ごし方からは、その人の考えや思いがコダワリとして現れるもの。
今回の特集では、色々なコダワリを持った大学生たちの暮らしぶりから、その人の思いや魅力に迫ります。
今回はこの春就職で上京、一人暮むちゃんさんにインタビュー。

むちゃんさん:岩手県出身。この春大学を卒業、就職で上京し一人暮らしを開始。部屋のインテリアやレイアウトに関する情報はPinterestやYouTube、Instagramで入手。

居心地の良い部屋

はじめての土地で暮らすのは、知らないことだらけで不安もいっぱい。新生活の準備はとても大変ですが、逆にとことんこだわった部屋に仕上げるチャンスでもあります。

明るくオープンな性格だというむちゃんさん。周囲からは常に元気でいると思われがちですが、家では落ち着いて過ごしたいのが本当のところ。そんな居心地の良さを追求した部屋には様々なこだわりがあります。

 

ベースはモノトーンで統一

ベッドやシェルフ、テーブルなどのベースとなるインテリアは白色に統一。「長く使う家具とあって、飽きのこない色をチョイスしました。限られた予算の中で理想の部屋にするために、なるべくコストパフォーマンスの良いもので揃えています。」

 

買い替えやすいものを好きなカラーに

「クッションや寝具のカバーなどを好きな色であるピンク、水色、紫色にしているのもこだわりです。」一見どの色も部屋の雰囲気に合わせるには難しそうですが、少しずつ取り入れることで程良いアクセントになります。色を揃え過ぎないのも居心地の良さを叶えるポイント。「気分に合わせて部屋をアップデートしていきたいので、好きな色は買い替えやすいものだけに絞っています。」

 

 

あえて完璧じゃない空間

むちゃんさんは統一感を出し過ぎないのが自分らしい部屋だといいます。「完璧すぎないのを目指すのは居心地の良い部屋にするため。生活感が無いとかえって落ち着かないので」そんな彼女が参考にしているのは”To The9s”という海外の女性2人組YouTuber。「もともと英語が好きで海外に興味があって。最初はファッションが気に入って見るようになりましたが、今では彼女らのカッコつけない自然な生活スタイルも大好きなんです。」

お気に入りのインテリアアートにこめた気持ち

 

ベースを安価に抑えた分、部屋を彩るインテリアにはとことんこだわります。「中でもお気に入りなのはミロのヴィーナスをモチーフとした大きな花瓶。デザインに一目惚れして購入しました。花瓶には好きな花であるミモザを飾っています。」

ミモザと言えば国際女性デーの象徴とされている花。ここにはむちゃんさんの強い思い入れがあります。「ミモザの花はフェミニズムを、この花瓶は強い女性を私にイメージさせてくれます。これを見ると頑張ろうと思えるんです」実はセクシャルマイノリティに関心があり、自身もLGBTQ+であると話すむちゃんさん。他にもそれに関するイメージカラーとして、レインボーの食器やクッションも飾っています。むちゃんさんにとって、これらはインテリア以上の役割を果たすものなのです。

 

 

自分と向き合えた時間

フェミニズムの運動に参加したりと積極的に活動しているむちゃんさんですが、実は関心を持ち始めたのはコロナ禍におけるおうち時間がきっかけでした。

セクシャルマイノリティである新しい自分を知る

「大学の授業がリモートになってからは、出かける機会も減り家で過ごす時間が増えました。時間に余裕ができたことで自分の癖や考え方を知り、自分がセクシャルマイノリティであることに気付けたんです。それまで人と違うことに違和感がありましたが、自分自身と向き合ったことで前向きに考えられるようになりました。」それからというものLGBTQ+やフェミニズムに関する勉強や活動に参加したりと、コロナ禍における時間は有意義なものだったといいます。

 

同じ悩みを持つ人と働く場所を作りたい

自分自身を知ってからというもの見える世界が一変。「以前は空欄だったSNSの自己紹介も今では3、4行も書き連ねるほど肩書きが増えました」そう話すむちゃんさんは、将来やりたいことまでも見つけ、就職先もそれを軸に決めたそうです。「自分と同じ悩みを持つLGBTQ+や障害をもつ人達が、自分らしく働けるような職場環境をつくるのが夢です!」

 

おわりに

すべてのものに意味を見い出したいと話すむちゃんさん。たくさんのこだわりからは強い想いが感じられました。夢を追いかける彼女の姿は、未来への期待とやる気に満ち溢れとても輝いています。むちゃんさんのこれからが楽しみです。

 

くらしマグネットの運営をしている(株)東具では、新卒採用を積極募集しています。

興味のある方は下記よりエントリーをお願いします。

 

【マイナビ 】

 

【コーポレートサイト】

 

 

interview&writing:Yuka Tokumo

オリジナル商品