Dec 14, 2020

【厳選】新生活向けのおすすめ家電セット!選ぶときのポイントも必見

黄色の掃除機が入ったセット

新生活に欠かせない物のひとつが家電。家電を揃えるなら、洗濯機・冷蔵庫・電子レンジなどの必需品がまとまった家電セットを購入するのもおすすめです。本記事では、一人暮らし用の家電セットを購入するメリットや購入する時期を解説するとともに、購入する際のポイントやおすすめ商品などを紹介します。

新生活に家電セットをおすすめする理由

シルバーの家電

 

家電セットを購入すれば、新生活に必要最低限の家電を一度に揃えられて大変便利。ここでは、家電セットの購入がおすすめである理由を具体的に見ていきます。

効率よく家電を揃えられる

新生活に必要なものは家電以外にも家具・生活用品などさまざまですから、アイテムを1つ1つ選んでいくと時間がかかってしまいます。しかし家電セットを購入すれば、必要なアイテムが一度に揃うのでとても手軽です。

 

基本のセットは冷蔵庫と洗濯機のパターンが多く、3点セット以上になると、それらに電子レンジ・炊飯器・トースター・電気ケトルなどのアイテムが加わります。

 

アイテムの種類はお店によっても異なるので、いくつかのお店を比較するのも良いでしょう。

単品で買うよりもコストを抑えられる

単品で必要な家電を購入するよりも、セット購入は値段が安くお得に購入できます。中古の家電セットならさらにコストを抑えられるでしょう。

 

また、セットになっていれば家電の総額が分かるため、予算を立てやすいというメリットもあります。

家電のデザインを統一して揃えられる

家電セットは、同じ系統のデザインの物がまとめられていることが多いです。そのため、部屋に置いたときにまとまった印象になる、というのもメリットです。

家電の種類別・選び方のポイント

大型家電のセット

低価格やデザインの統一感が魅力の家電セットですが、それぞれの機能など、他の点も見極める必要があります。ここでは、家電別に選び方のポイントを見ていきましょう。

「洗濯機」の場合

家電セットに入っていることが多いのは縦型洗濯機です。付け置き洗いなどができるため、汚れが落としやすいという特徴があります。

 

一人暮らしで2、3日分の洗濯物をまとめて洗う場合は、5.0~6.0キロ程度の物がぴったり。また、間取りがワンルームである場合や夜間に洗濯する頻度が高い人は、洗濯時の音を抑えられるインバーター搭載の物が適しています。

 

洗濯槽はプラスチック製とステンレス製の2タイプがあり、耐久性を重視するならステンレス製がおすすめです。

 

縦型洗濯機を設置する際は、蓋がきちんと開けられるように洗濯機上部に十分なスペースが空けられるかも確認しておきましょう。

「冷蔵庫」の場合

自炊する人であれば150~250リットルの大きめな冷蔵庫、そうでない人も買い置きなどのことを考えて130~150リットルの物をおすすめします。

 

一定サイズ以下の冷蔵庫は右開きタイプの物がほとんど。キッチンと冷蔵庫の位置によっては扉によって導線が遮られることもあるので、開く向きには注意が必要です。

 

「間冷式」の冷蔵庫であれば自動霜取り機能が付いているので、面倒なお手入れなしで使えます。冷蔵庫の上に耐熱天板が付いていれば電子レンジを置くなどできるので、省スペースに整頓できるでしょう。

「電子レンジ」の場合

電子レンジには、温める機能だけが備わっている単機能タイプと、それに加えてトーストなどが焼けるオーブン機能付きの2タイプがあります。単機能タイプはオーブン機能付きよりも安いのが特徴です。

 

一人暮らし用の電子レンジであれば20リットルぐらいの物が平均的。とは言え、選ぶときは設置予定のスペースに合うサイズであるかの確認をしてから決定することが大切です。冷蔵庫の上に置く場合は、天板と電子レンジのサイズが合うかどうかを確認してください。また、棚やラックの上に設置する場合は、周りに5~10センチの放熱スペースを確保する必要があるので要注意です。

 

また、水まわりなどの湿気がこもる場所では使えないので、その点にも十分気を付けましょう。

「炊飯器」の場合

一人暮らしにおすすめなのが3合か5合炊きです。自炊の頻度などに合わせて選びましょう。

 

炊飯器にはお米をよりおいしく炊ける「IH式」と、本体の値段が安い「マイコン式」とがあります。それぞれで特徴が異なるので、どちらを重視するかで選んでください。

 

蒸気をカットするタイプは置き場所にも困らないので、一人暮らしで設置場所が限られている場合はこのタイプもおすすめです。

「掃除機」の場合

絨毯やラグを敷くと、それらの繊維の隙間には意外とにゴミがたまりやすいもの。アレルギーが出やすい人であれば特にですが、部屋を清潔に保つために掃除機は必要です。

 

一人暮らし用なら省スペースのスティック型がおすすめです。収納に場所を取らない上、小回りが利くので掃除しやすいというメリットがあります。

 

掃除機には紙パック式とサイクロン式の2タイプがありますが、一人暮らしにおすすめなのは紙パック式です。紙パックの買い足しこそ必要ですが、ゴミ捨てが楽ですしお手入れも簡単に済みます。

家電セットを購入する際のチェックポイント

黒系で統一された家電

お得に揃えられる家電セットですが、購入の際にはいくつかの注意点があります。家電を購入する際にチェックすべきポイントを押さえましょう。

設置スペースや搬入経路

家電を設置・搬入するスペースが十分あるかを事前にチェックしましょう。

 

搬入可能か否かは、家の中で一番狭い通路の幅が「家電のサイズ+6センチ以上」あるかどうかで判断します。また、集合住宅の場合は、エントランスから部屋までの搬入経路も確認しておかなければいけません。

 

洗濯機なら設置場所と防水パンの有無、冷蔵庫なら設置場所と電源プラグの場所、洗濯機なら上部のスペースなど、家電ごとに設置場所の確認も必要。もし採寸に自信がなければ、販売店などに設置搬入見積もりを頼むのも1つの方法です。

購入時期

購入時期の例は、引越し前・引越し当日・新生活が始まってからの3パターンが挙げられます。生活に必要最低限の家電は、引越し当日までに揃えておくのがおすすめです。在庫切れ・売り切れの可能性も考慮し、引っ越し予定日の2週間~1ヵ月前くらいを目安に購入しましょう。

なかでも人気商品はすぐに売り切れる可能性もあるため、早い段階でチェックしておいた方が良いかもしれません。

家電の必要性

家電は自分の生活スタイルに合わせて選ぶべきアイテム。家電セットの中に、不要と思われる家具が含まれている場合は購入を避けた方が無難です。しかし、もし使用するイメージがつくのであれば購入してみるのも良いかもしれません。

新生活におすすめの家電セット

ショッピングモール内の家電用品

さまざまなメーカーから一人暮らし向けの家電セットが販売されています。なかでもおすすめの物を以下でチェックしていきましょう。

アイリスオーヤマ【新生活家電セット3点】

電子レンジ(17リットル)・洗濯機(5キロ)・2ドア冷蔵庫(118リットル)の3点セット。電子レンジは単機能タイプでワット数の切り替えが可能です。洗濯機は予約タイマーや部屋干しモードなど便利機能も付いています。

値段:52,800円(税込)

ハイアール 家電5点セット

洗濯機・冷蔵庫・電子レンジ・スティック掃除機・炊飯器の5点のセットです。モノトーンカラーでスタイリッシュなので、男性にも人気があります。

値段:59,800円(税込)

家電総合メーカー7点セット(中古)【地域限定】

冷蔵庫・洗濯機・オーブンレンジ・炊飯器・電気ケトル・床型又はスティック掃除機・液晶テレビの中古7点セット。中古ではありますが、クリーニング済みの商品で品質管理も徹底されているので安心して使えます。

 

メーカーは選べませんが、パナソニック・シャープ・三菱・東芝・日立などの国内有名メーカーの他、山善・ユーイング・ツインバード・ハイアール・アイリスオーヤマなど、種類が豊富です。

値段:64,086円(税込)

家電セットを購入して、スマートに新生活をスタートしよう

きれいに並列した家電

家電セットは単品で買うよりお得なだけでなく、部屋に設置したときに統一感が出せるなどの魅力があります。ぜひ本記事を参考にして家電セットを購入し、気持ちの良い新生活をスタートさせましょう。

オリジナル商品