facebook twitter instagram

Sep 18, 2022

メイクスポンジ・ブラシのお手入れ方法&洗い方♪手入れがしやすいおすすめメイクブラシも!

ファンデーションやチーク、アイシャドウなど毎日のメイクに欠かせないメイクブラシやメイクスポンジ。
手や指で顔に乗せるよりも、ムラなく均一に仕上がり、メイクの保ちも良くなります。
しかし、肌に直接触れるメイクスポンジやメイクブラシが汚れていたり、清潔に保たれていなかったりすると、お肌トラブルの原因になります。
今回は簡単にできるメイクブラシ・メイクスポンジの洗い方や保管方法をご紹介。
正しいお手入れ方法を知って、汚れや雑菌を除去しましょう。

メイク道具を清潔にする理由

メイク道具を清潔にする理由として
・メイクのノリの改善
・肌トラブルの防止
・道具の劣化予防
が挙げられます。
メイクブラシやスポンジを使用せず、指で仕上げることもできますが、ムラをなくしたり、綺麗に仕上げるためには、ブラシやスポンジを使用した方がいいでしょう。
ただ、そのままにしておくとブラシやスポンジについた皮脂から細菌が繁殖することもあり、肌トラブルや道具の劣化の原因になってしまいます。

メイクスポンジの洗い方・お手入れ方法

メイクスポンジとブラシ

 

メイクスポンジの洗い方について紹介します。
またスポンジは使い捨てのものも売っているので、毎回のお手入れが面倒な方は、使い捨てを使用するのもいいでしょう。

準備するもの

・洗面器
・中性洗剤(食器用、衣類用、どちらでも可)
・乾いたタオルかキッチンペーパー
・お手入れしたいスポンジ・パフ

手順

①洗面器にぬるま湯を入れて、中性洗剤を1〜2滴溶かします。
②①にスポンジを入れて、優しく押し洗いします。強い力でこすったり、つけ置き洗いはスポンジを傷めるので避けましょう。
③流水でしっかり洗剤を洗い流します。スポンジは水分を多く含むので、泡が出てこなくなるまで何回も洗い流します。
④水気を切りましょう。手のひらで包み込むように絞り、タオルやキッチンペーパーで包んで水分を拭き取ります。
⑤風通しの良い日陰で乾かします。直射日光を当てたり、乾燥機にかけるとスポンジがパサパサになってしまうので注意しましょう。生乾きになると細菌が繁殖するため、しっかり乾燥させましょう。

お手入れの頻度

スポンジは使う度に流水で流すのが理想です。
また汚れが目立ってきたら中性洗剤でしっかりと洗浄しますが、最低でも1ヶ月に1回は洗浄するようにしましょう。

メイクブラシの洗い方・お手入れ方法

メイクブラシを洗う女性の指

 

次にメイクブラシのお手入れ方法についてです。
毛先が固まると、化粧ムラの原因にもなるので、こまめに手入れをしましょう。

準備するもの

・洗面器
・中性洗剤(メイク用の洗剤もありますが、石鹸やシャンプーなどでも可)
・乾いたタオルかキッチンペーパー
・お手入れしたいブラシ

手順

①洗面器にぬるま湯を入れて、中性洗剤を1〜2滴入れて溶かします。
②①にブラシをつけて軽く振り洗いしたら、ブラシを手のひらにのせてクルクルと円をかくように洗います。持ち手に水がつくと劣化の原因になるため、水をつけるのはブラシ部分のみになるよう注意しましょう。
③ある程度汚れがとれたら、洗面器に水をはってしっかりすすぎます。残っている洗剤を落とす必要があるため、何度も水をかえてすすぎます。
④すすぎが終わったら水気をきって軽く絞ります。その後タオルやキッチンペーパーで包んで水分をとります。
⑤風通しのいい日陰で乾かします。ドライヤーなどの風にあてると筆が広がったり、傷んだりするので避けましょう。毛が密集しているものは、乾くまでに1日以上かかるため、予備のブラシを準備するか、翌日はメイクの予定がない日に洗うようにします。

お手入れの頻度

使用する度に、ブラシについたパウダーはティッシュで拭き取ります。
メイクのノリが悪くなった時、または月1回は中性洗剤で洗うようにしましょう。

洗ったブラシ・スポンジの乾かし方と保管方法

メイクブラシを乾かす

 

日陰で乾かすのが一般的です。
ブラシは熱や紫外線で傷んでしまいますし、ドライヤーなどの風にあてると毛先が広がる原因になります。
生乾きのまま片付けると、カビや細菌繁殖の原因になるため、しっかり乾かせましょう。
乾いたら、指やクシで毛先を整えてから保管しましょう。

スポンジも直射日光が当たるとパサパサになってしまうため、日陰で乾かします。
どちらも予備の道具をもっておくと、ローテーションで清潔な道具を使うことができます。

その他にも!定期的にお手入れしたいメイク道具たち

メイク道具

 

スポンジやブラシ以外にも、定期的にお手入れしてほしい道具があります。

ビューラー

ビューラーは、汚れたまま使用していると、目に雑菌が入ったり、まつげを挟んだ時に汚れとまつげがくっついて、まつげが抜けてしまうことがあります。

使う度に除菌シートで拭き取りを行い、まつげをはさむシリコンの部分は2〜3ヶ月おきに交換するようにしましょう。
またまつげがカールしにくくなったり、支柱がグラグラするようになったら、本体の買い替え時期といえます。

アイシャドウチップ

アイシャドウチップもスポンジと同じく、汚れるとノリが悪くなります。
その時は、中性洗剤で洗いましょう。
専用クリーナーを使用すると、柔軟性も維持できます。
スポンジの部分が弾力がなくなったり、触り心地が悪くなったら、新しいものに交換します。

ミラー

持ち運びのミラー、指紋がついていたり、汚れで曇っていたりしませんか?
メイクがしにくいというのもありますが、意外と他人から見られていて、ミラーが汚れていると一瞬で不潔に見えてしまうんです。
なので、ミラーも綺麗に手入れしておきましょう。
ミラーは水分を含ませたタオルで拭くだけできれいになります。
メラミンスポンジやナイロンたわしは、鏡が傷つくため使用してはいけません。

清潔な化粧道具でメイクを楽しもう!

ブラシでメイクをする女性

 

どんなに高級なコスメを使っても、ブラシやスポンジが汚れていたら化粧のノリは悪いですし、ブラシやスポンジが手入れされていると100均のコスメでも綺麗に発色してくれます。
肌トラブル防止にもなるため、メイク道具はこまめに手入れしてくださいね。