Aug 19, 2021

貝殻インテリアのアイディア10選!おしゃれに見える裏技も解説

貝殻のあるインテリア

きれいな貝殻を見つけインテリアに活用しようと持ち帰ったものの、なぜか飾ってもおしゃれに見えない…ということってありませんか?本記事では、そんなときに見てほしいおしゃれな貝殻インテリアの実例を集めました。貝殻インテリアの風水効果やおしゃれに見せるコツなども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

貝殻インテリアで運気を上げる

貝殻のあるリビング

ちょっとした一工夫でまるで海辺にいるような気分にさせる、夏に向けて涼しげな部屋を演出する貝殻を使ったアイディアを紹介したいと思います。 また、せっかくなら飾る場所にも気を遣うことで運気アップにも!

 

部屋全体の大掛かりな模様替えはなかなか難しいですが、ポイントを絞った風水で、貝殻がもつ効果やインテリアへの飾り方をチェックしてみてください。

貝殻は金運UP効果あり!

貝殻をお金として扱っていた時代があったことから、風水では「金運アイテム」として扱われてきました。

 

効果は貝殻の種類によって異なります。手持ちのお金を大切にしたいなら「お金を挟んで離さない」という意味をもつ二枚貝を、収入を上げたいなら「引き寄せる」という意味をもつ巻き貝がおすすめです。

飾る部屋によっては逆効果に

海を連想させる貝殻は、よくトイレや洗面台などに置かれることも多いでしょう。しかし、風水を気にするなら避ける方が良いかもしれません。

 

風水では、水が流れる場所に金運アイテムを置くと「お金が流れる」と考えられます。金運UPどころか、お金がどんどん手元から離れてしまうかもしれません。

風水で良いとされている貝殻の飾り方

風水の観点から良い効果が期待できるとされている部屋は、リフレッシュしやすいリビングや寝室など。他にも、貝殻と合わせることで「財運を呼び寄せる」と言われている玄関もおすすめです。方角は「西」が最も良いとされています。

 

貝殻の状態も要チェックです。市販で売っている雑貨であれば問題ありませんが、拾ってきた貝殻はあらゆる”気”がたまっていると言われています。悪い”気”を部屋へ持ち込まないためにも拾った貝殻は塩で洗い、陽のもとで「浄化」させましょう。

 

「くらしの風水」では365日風水を元にした、くらしのヒントをお届けしています。

貝殻インテリア実例①起き飾り編

それではいよいよ、貝殻を使った実例を紹介します。貝殻は夏に人気のインテリアですが、「新生活を爽やかな気持ちで迎えられる」という点では春にもおすすめです。

 

こちらではテーブルや収納などの上に置いて飾った実例を集めています。家にあるもので真似できるアイディアも多いので、ぜひ試してみてください。

貝殻をビンに入れて飾る

ビンと貝殻

 

自然素材のアイテムはむき出しにしているより、ビンに入れて飾るとより品が感じられます。大人っぽいインテリアとよく合うでしょう。

 

フタつきのものは衛生的なので、食卓や軽くて動きやすい収納の上などの飾りにも最適です。 見てリラックスできるようなものにしたい場合は、エアプランツなどのグリーンを入れるのもおすすめ。

貝殻をグラスに入れて飾る

 

グラスと貝殻

家にあるグラスを使うのもおしゃれ。グラスの中へ貝殻を入れたり、周囲に散らしたり、グラスを逆さにして貝殻を閉じ込めるように飾ったりと、色々な飾り方ができます。

 

ただし、グラスに貝殻を入れると中が傷付いてしまうかもしれません。ディスプレイで容器として使うものは、傷付いても問題のないものにしましょう。

貝殻を流木と置いて飾る

流木と貝殻

貝殻と流木のかけ合わせは定番です。しかし、流木と一緒に置いて見たもののなぜかおしゃれに見えず、頭を抱えている人もいるでしょう。

 

おしゃれなインテリア写真のような雰囲気にならないのは、立体感がないことが原因かもしれません。そういうときは、左右上下の奥行きが「三角形」になるようなレイアウトに挑戦しましょう。

 

高さが足りない場合は流木を積み上げたり、背の高い容器や貝殻を取り入れたりすると良くなるでしょう。奥行きが足りない場合は、実例のようにうしろへ存在感のあるプレートを用意する、もしくは小さな石を前に置くなどしてみてください。

貝殻をお皿の上に飾る

 

お皿に入った貝殻

貝殻をお皿の上へ無造作に散らすのもおすすめ。使う器のデザインによって雰囲気を変えられるので、どんなインテリアでも活用できる飾り方です。金属系のものを使うとゴージャスに、変わった形をしたものを使うと個性的に、ガラスや透明なものを使うと清潔感ある雰囲気になります。

貝殻インテリア実例②壁つけ飾り編

続いては貝殻で壁を飾りつけているアイディアを紹介します。ものを置くと散らかって見える…と悩む人へ特におすすめの飾り方です。つけ方は何通りもありますが、賃貸に住んでいる人は練りゴムや細いピンを使うなど、壁を配慮した方法を採用してください。

貝殻を枠で囲うように飾る

フレームと貝殻

貝殻を壁に貼り付けるだけでなく枠で囲ってあげると、貝殻が展示品や絵画のようにも見えてきます。コレクションした貝殻をインテリアの飾りとして活かしたい、という人にぴったりの方法です。

貝殻を形づくって飾る

 

貝殻で作ったハート

少し難しくはなりますが、貝殻のみで形成したモチーフを飾るのもおすすめです。白い貝殻で作れば、フレンチ・ナチュラル・エレガントなど、あらゆるインテリアに合うでしょう。色のあるものや色づけしたもので作れば、部屋のアクセントとして活躍するアイテムとなるはずです。

貝殻をルームプレートに貼って飾る

 

来客時に活躍するルームプレートに貝殻を装飾するという手もあります。既存のプレート、あるいは貝殻とともに拾った流木を代わりに使うのもおすすめ。貝殻をワンポイント程度に加えてシンプルにするのも良いですし、フィーリングで無造作に並べ、わざと手作り感を出すのも良いですね。

貝殻インテリア実例③吊るし飾り編

最後は貝殻をヒモなどで吊るしたアイディアを集めました。置いたり貼ったりするパターンとは違い、風にあたったときや触れたときに揺れる様子を楽しめます。

 

こちらで紹介する飾り方を実践するなら、せっかくなので揺れている状態がより見られる、窓のそばや玄関、ファンのある部屋などが良いかもしれません。

貝殻をカーテン風にして飾る

 

紐で吊るした貝殻

ヒモで貝殻をつなげ、カーテンのようにして飾った実例です。貝殻1〜2個分くらい開けると、シンプルで素朴な感じに仕上がります。

 

華やかでポップな感じにしたいなら、実例のように目をひくようなカラーの貝殻や他のアイテムをプラスしたりして、遊び心を持たせるよう意識してみてください。

貝殻をリースにして飾る

 

貝殻のリース

リースはあまり飾る場所を選ばない、万能な飾りとなります。また、比較的作るのが簡単で、たくさん拾った貝殻を一度に使い切れるというメリットも。貝殻をおしゃれに飾ることを難しく思う人は、リースに挑戦してみてください。

 

おしゃれなリースにするコツは、アクセントとなる貝殻(大きくて特徴的な形のもの・目立つカラーのものなど)を三方に散らすこと。見た目が変わらない貝殻のみを使うときは、リボンをつけたり文字を入れたりして、アイキャッチになるアイテムを加えるのも良いでしょう。

貝殻をシャンデリアにして飾る

 

貝殻のシャンデリア

たくさんの貝殻があれば、カジュアルなシャンデリアにすることも可能です。中にライトを入れると、間接照明のように貝殻の隙間から漏れる光が部屋を照らします。

 

自然素材のシャンデリアはゴージャス感が強くないので、ラフさが目立つインテリアでもよく合うでしょう。グリーンとの相性も良いので、ツタを巻き付けるのもおすすめです。

貝殻アイテムで爽やかなインテリアに!

貝殻とガラスのハート

貝殻はちょっとした一工夫をするだけで、おしゃれ度の高いインテリアへと仕上げられるアイテムです。自然が持つエネルギーや運気を上手く取り入れて、爽やかな気持ちで新生活を迎えるのもおすすめ。そして、夏も貝殻のあるおしゃれインテリアで爽やかな毎日を過ごしてくださいね。

オリジナル商品