Feb 07, 2021

【初心者向け】ジェルネイル用LEDライトの選び方!おすすめ商品10選も

ホワイトネイルの女性

ジェルネイル用LEDライトとは、ジェルネイルを硬化するときに使用するライトのことです。ネイルサロンに行けないときでも、自宅で気軽にジェルネイルを楽しむことができます。本記事ではジェルネイルに欠かせないLEDライトとUVライトの違いや、LEDライトの選び方、おすすめの商品を紹介します。

ジェルネイル用のLEDライトについて

ジェルネイルを硬化させる人

今やネイルサロンで主流となっているジェルネイルですが、LEDライトがあれば自宅でも簡単にセルフネイルにチャレンジできます。ジェルネイル専用ライトには、UVライトとLEDライトの2種類がありますが、新しく購入するならLEDライトがおすすめです。

 

ここからは、ジェルネイル用LEDライトについてUVライトとの違いや、専用のジェルなどを解説します。

ジェルネイル用のLEDライトとは?

ジェルを硬化するために欠かせないのが、LEDライトです。LEDライトのランプにはチップ型と砲弾型の2種類があり、耐熱性があって紫外線にも強いチップ型がおすすめです。

 

LEDライトでジェルライトが硬化するのは光の波長が関係しており、国産のジェルネイルのほとんどが405nmの波長で固まるようになっています。そのためLEDライトの波長は、405nmの出力のものを選びましょう。

 

またワット数もライトによって異なり、硬化速度にも影響します。ただしセルフネイルを楽しむ程度であれば大きな差はないため、あまりワット数にこだわる必要はありません。LEDライトを選ぶときは、消費電力も考慮して選ぶと良いでしょう。

LEDライトとUVライトの違い

ネイルライトにはLEDとUVの2種類がありますので、違いを解説します。

 

LEDライトの特徴は、ジェルの硬化時間が短いことです。平均的なLEDライトなら、硬化時間は30秒~1分ほどです。LEDライトの価格は2,000円ほどですが、電球交換不要です。

 

対してUVライトは、数百円程度で購入できるのが魅力です。しかし電球の寿命が半年ほどと短く、ジェルの硬化に2~3分かかります。

 

最近ではUV、LEDどちらのジェルにも対応できるハイブリッドライトもあり、ハイブリッド専用ジェルを製造しているメーカーもあるようです。365nm~405nmまでの波長の光を出せ、硬化できる範囲が広いですが、使用できるジェルに制限があります。

 

メリットやデメリットを比較すると、ネイルサロンでも主流となっているLEDライトを購入するのが良いでしょう。

LEDライトには専用のジェルを使用する

もし既にジェルを持っているなら、手持ちのジェルに合わせてライトの種類を選んでもOKです。ジェルの種類にはLED用、UV用、両方に対応しているものがあります。使用したいジェルがどちらに対応しているのかを調べてから、それに対応したライトを購入しても良いでしょう。

ジェルネイル用LEDライトの選び方

赤いネイルの女性

ジェルネイルの仕上がりは、どんなライトを使うかによっても大きく変わります。せっかくセルフでネイルをするのなら、初心者でも扱いやすいライトを選びましょう。ここではLEDライトの選び方のポイントを、詳しく解説します。

ワット数

LEDライトを選ぶときは、ワット数に着目します。3~50Wまでさまざまなワット数のライトがありますが、数値が大きいほど硬化が早くなる傾向があります。

 

UVライトではワット数が高ければ高いほど時間短縮になりますが、LEDライトの場合はあまり大きな差は出ないようですので、ワット数の大きさにばかりこだわる必要はないでしょう。むしろ高出力のLEDライトは使い方によっては、仕上がりにムラがでてしまうこともあります。

 

またワット数よりも照射角度が重要で、場所によって硬化ムラが出ないよう180℃対応のものを選ぶと良いでしょう。

サイズ

LEDライトにはさまざまな大きさのものが販売されています。手がすっぽり収まるサイズは、一度にすべての指を硬化できるので時間短縮になります。 もしフットネイルをするなら、大きいものや底板が外れるものがおすすめです。

 

ペン型のタイプはコンパクトで持ち運びしやすいので、外でお直しする必要があるときにおすすめです。

その他

LEDライトは商品によって電源の種類も違います。コンセントが一般的ですが、持ち歩くなら充電式や電池式も便利でしょう。

 

また機能面では手を入れたら点灯する「オート点灯」があると、便利です。タイマー付きのものもあります。

ジェルネイル用LEDライト10選

フレンチネイルの女性

セルフネイルを楽しむ人が増えているため、いろいろなメーカーから一般向けのジェルネイル用LEDライトが販売されています。機能やサイズ、値段もさまざまです。ここからは初心者におすすめの商品10選を紹介します。

SHINYGEL ジェルネイル用 LEDランプ 16W

フットネイルにも使える、8球のLEDライトがついたLEDライト。140℃の広範囲照射が可能です。16Wで、長寿命LEDですので約5万時間使用できます。便利な5秒~60秒のデジタルタイマーもついています。

MiroPure UV LEDネイルドライヤー

 

この投稿をInstagramで見る

 

MiroPure(@miropure)がシェアした投稿

48WのハイパワーでLEDとUVの二重光源に対応したネイルライト。フットにも使えます。10秒から99秒までのタイマー設定ができ、一度設定すると記憶してくれ次回から設定不要なのもポイントです。赤外線検知で手を入れると自然に光ります。

LED ネイルドライヤー UVネイルライト

 

UVとLEDの二重光源タイプで、高速硬化可能な50Wのハイパワーライトです。フットでも使いやすいサイズ感。赤外線検知機能付きなので、手を入れると自然に光り、手を離すと自然に消えます。目に優しい光を使用しており、安心です。

ローロ(Rooro) SLim UVLEDライト

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rooro(@rooro_nail)がシェアした投稿

軽量でコンパクトサイズのジェルネイル用ライトをお探しなら、こちらがおすすめ。わすか78gで持ち運びも、便利です。6Wの省電力仕様ですが、UVもLEDも両方対応しています。60秒と90秒のタイマー設定ができ、フットもOKです。

Rooro LEDPK ネイル LEDライト

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rooro(@rooro_nail)がシェアした投稿

5Wでもハイパワーなチップ型LEDライトです。赤色LEDを使用しており、日焼けが気になる女性にもおすすめです。持ち運びしやすいコンパクトサイズで、USBからの電源供給もできます。

LEDミニライト

手のひらサイズの超コンパクト型ライト。UVとLEDの二重光源タイプで、使用するジェルを選びません。アーチが深いので、フットでも使用できます。便利な45秒と60秒のタイマー機能も付いています。

 

 

ジェルネイル ライト sacra

外出先でお直しのときに便利なのが、こちら。1本ずつ硬化させるタイプで、USB電源仕様になっています。コンパクトながらタイマー付きでUVにもLEDにも対応しているので、さっとお直ししたいときにぴったりです。

 

BEAUTY NAILER コンパクトLEDライト

 

持ち運びしやすいコンパクトサイズながらフットにも使える、ハイパワーのLEDライトです。海外でも使用できる仕様ですので、海外旅行にも持っていけます。30秒のタイマーも設定することができます。

mieux UV対応LEDネイルライト 9W

 

使用していないときは折りたたんでコンパクトに収納できます。9Wの省エネ設計で、UVとLED両方に対応。45秒と60秒のタイマーもセット可能です。コンセントでも、USBでも充電ができます。

ジェルミーワン USBLEDライトMINI

USBで充電可能な、コンパクトサイズのLEDライト。3Wの省電力タイプながら、サロン級の仕上がりになると評判です。スイッチを入れると自動で60秒のタイマーが作動します。

LEDライトでセルフネイルを楽しもう!

セルフネイルのグッズ

ジェルネイルでは必須アイテムのLEDライト。最近はセルフ派の人も増えているため、初心者向けの商品も多く販売されています。どんなライトを使うかによって、手間も仕上がりのクオリティも変わります。便利なLEDライトを活用して、セルフネイルを楽しんでみてください。

オリジナル商品