Mar 25, 2020

タッセルを使った手作りアクセサリーのアイデア集

上品でおしゃれなタッセルは、ハンドメイドにおすすめのアクセサリーパーツです。タッセルには糸やレザーやチェーンなどいろいろな種類があり、選ぶ材料によって印象も違ってきます。こちらの記事ではハンドメイド初心者でも簡単なタッセルの作り方の基本や、タッセルを使用したさまざまなアクセサリーを紹介していきます。

MOKUJI

手作りアクセサリー・タッセルのつくり方

タッセルを使用した手作りアクセサリーを作るのにあたり、まずは基本となるタッセルの作り方から説明していきましょう。タッセルはいろいろな素材で作れますが、その中でも今回は糸とレザー、チェーン、布の素材で作る4種類のタッセルをご紹介します。作る際に必要な材料や道具、そして作り方を順に説明していきますので、参考にしてみてください。

タッセル作りに必要な材料

タッセル作りで必要となるのが刺繍糸やレース糸などの糸です。タッセルは糸をぐるぐると台紙に巻いて作るので、台紙も必要です。最終段階でタッセルの長さを揃える際に薄紙もあると便利でしょう。

 

それから、長さを測るための定規や糸を切るためのはさみ、タッセルをとかすクシも用意しましょう。アクセサリー加工する場合は、イヤリングやピアスなどの部品や、チェーン、丸カンなどを使います。

糸タッセルの作り方

基本の手作り糸タッセルの作り方をご紹介します。はじめてタッセルを作る方は、基本である糸タッセルをマスターしましょう。作り方はまず糸を厚紙に巻きつけます。糸を巻く回数に決まりはあ

りませんので、ボリュームをみながら好みの回数を巻きましょう。

 

つぎに厚紙に巻きつけた糸のフープに1本の糸を通して結びます。上から5mm位を残し、バラバラにならないように全体を5周ほどグルグルと巻いて結んだら、余った糸の始末をしましょう。そして台紙から外し、結んだ反対側のフープを切ります。

 

その後、長さを整えると完成です。アクセサリーにする際は、束ねた上部に丸カンを使ってイヤリングなどの土台をつけるといいでしょう。また、刺繍糸を使う以外には、毛糸を使うとふんわりとした温かい雰囲気になります。

手作りのレザータッセル

上品でおしゃれなレザータッセルの作り方です。レザータッセルは一見テクニックが必要かと思えますが、意外と簡単に制作できます。用意するものはレザーとカツラ、カッター、接着剤です。カツラは聞きなれない方もいるかもしれませんが、紐などの端を処理する際に使う留め金具のことをいいます。

 

まずはレザーを好きなサイズで長方形に切りましょう。つぎにタッセルのフリンジを作るため、長方形のレザーを均等に切れ込みを入れていきます。フリンジを作るためには、すべて切り取らないように注意しましょう。

 

そして、切っていない辺に接着剤を付け、くるくると巻いてカツラを取りつければ完成です。

手作りのチェーンタッセル

キラキラと揺れるチェーンタッセルはとても綺麗ですね。豪華なチェーンタッセルであればパーティシーンにもぴったりです。チェーンタッセルを作る際に準備するものはチェーンとカツラ、接着剤、それから金属を切るためのニッパーです。

 

また、丸カンを開閉するための平ヤットコや、Tピンや9ピンの先を丸めるための丸ヤットコがあると便利でしょう。まずはチェーンを同じ長さに何本かカットしましょう。つぎにカツラのなかに接着剤をつけます。そして、カツラのなかにチェーンをつけて完成です。

 

カツラを使用せず、丸カンでチェーンを留める方法もあります。

手作りの布タッセル

布タッセルはお気に入りの布を使用するのもよいのですが、着なくなった服や、余ってしまった生地を再利用することも可能です。布タッセルはいろいろな形があります。長方形に切った布をくるんと丸める方法や、花びらのように切る方法、布を細長く切る方法など作り方はさまざまです。

手作りタッセルをアクセサリー・ピアスとして応用する

アクセサリーの定番、ピアスもタッセルを使ってハンドメイドしてみましょう。ゆらゆらと揺れるタッセルのピアスはとても素敵ですよ。耳元に大きなアクセサリーを持ってくると、顔の表情が華やかにみえます。また、大きなアクセサリーは小顔効果も期待できます。ぜひ、タッセルのピアスを手作りしてみましょう。

レザータッセルとフックピアス

レザーのタッセルとピンクのカラーパールを取り付けたピアスです。ゴールドのキラメキと、レザータッセルの相性が抜群ですね。デザインを考えるのが苦手な方でもカラーパールを使用するだけで簡単におしゃれなアクセサリーを作れます。タッセルが揺れる存在感のあるピアスです。

ビジュータッセルピアス

フリンジが横に広がった珍しい形のビジュー付きタッセルピアスです。糸で作るタッセルは、ふわふわとしていて柔らかな印象にみえますね。糸の量をさらに増やすとポンポンのような形になるので好みでボリューム調整してみてください。個性的なピアスはシンプルなコーディネートに似合いそうですね。

ピアスキャッチにタッセル

このピアスはキャッチ部分にタッセルを使用しています。キャッチはピアスをつけるときに耳の後ろから止める部品です。キャッチにタッセルを持ってくることで、フロントの飾りを引き立てます。ピアスとタッセルのキャッチをいろいろ組み合わせてみると楽しいですよ。

 

タッセルだけ手作りして既製品のピアスにつける方法もおすすめです。

ミニタッセルでミニフープピアス

小さなタッセルがアクセントのかわいいピアスです。ただピアス金具とタッセルをつけるだけでなく、フープ金具を間に入れることで他のパーツとも組み合わせられるようになっています。タッセルがひとつだとシンプルで大人のイメージに、タッセルを複数組み合わせるとふわふわ感が増していい感じです。

お花のタッセルピアス

布を材料にして作ったタッセルピアスは、見た目がまるでお花のよう。お花のタッセルだと一気に可愛らしくなります。お花タッセルはレザータッセルの作り方を応用して作れます。

手作りタッセルをアクセサリー・ネックレスとして応用

アクセサリーといえば、ピアスやイヤリングだけではなくネックレスもありますね。ネックレスにタッセルを付けたロングネックレスは、シンプルな服装のポイントに最適です。タッセルのIラインがトップスの胸元にくることで、コーディネートをすっきり見せてくれます。

チェーンタッセルのネックレス

チェーンのネックレスにチェーンタッセルをつけたネックレスです。キラキラと輝くチェーンタッセルのネックレスを1つつけるだけで十分に存在感があるでしょう。上品なワンピースからカジュアルな服装まで、いろいろなコーデのアクセントになります。

 

作り方はネックレスのチェーンとチェーンタッセルを丸カンなどの留め金具で繋げるだけなので手軽です。

レザータッセルのネックレス

ネックレスのチャームの代わりにレザータッセルを使ったネックレスです。レザータッセルをポイントにしたネックレスは、カジュアルなTシャツとのコーディネートから、ワンピースなど綺麗めのコーディネートにマッチします。

 

レザータッセルはネックレスチェーンに合わせると上品に、革ひもにあわせると民族調になります。

タッセルのアンティーク調ネックレス

カジュアルさをアピールするなら、糸のタッセルで作られたネックレスが最適です。コーデに統一感をもたせたい場合は、ピアスやイヤリングなどのアクセサリーをタッセルネックレスの雰囲気に合わせるといいでしょう。

 

ただし、ネックレスもピアスも同じタッセルを持ってくる場合は主張が強くなりすぎてしまう場合があるので注意が必要です。その場合、タッセルを短くカットすると派手な印象にはなりません。

タッセルとフープのネックレス

ピアスでもフープのタッセルを紹介しましたが、ネックレスにも応用できます。フープのタッセルネックレスはチャーム部分がポイントになります。存在感のあるネックレスはとても素敵ですね。

手作りタッセルをアクセサリー・キーホルダーに応用

タッセルキーホルダーはバッグのワンポイントとしても人気があります。選ぶ素材によって雰囲気が大きく変わるので、取り付けるアイテムに合わせて材料を選んでみてください。タッセルキーホルダーはハンドメイド初心者でも比較的簡単に作れますのでぜひ挑戦してみましょう。

タッセルのバッグキーホルダー

布などのいろいろな端材で作られたキーホルダーです。タッセルの糸が太いとふわっとしたかわいい印象のタッセルになりますね。シンプルなトートバッグにタッセルのキーホルダーをつけるとお出かけにも最適なおしゃれなバッグに変身します。

ズパゲッティタッセルのキーホルダー

こちらのタッセルキーホルダーは、Tシャツの端材からできた「ズパゲッティ」と呼ばれるオランダ生まれの編み糸を使用しています。Tシャツの端材なので太く、刺繍糸で作るよりも大きいタッセルを作れます。作り方は糸を使用したタッセルと変わらないので挑戦してみてください。

レザータッセルのキーホルダー

小さなレザータッセルがおしゃれなキーホルダーです。レザーのタッセルは見ためも高級感がありますね。タッセルの他にはレザークラフトのアイテムも一緒につけ、おしゃれに仕上げています。レザーとゴールドの金具の組み合わせは相性がいいです。

ビビットカラーのタッセルキーホルダー

ビビットなカラーがアクセントになったタッセルキーホルダーです。モノトーンの糸を使うと落ち着いた印象になりますが、こちらのキーホルダーのように派手なカラーを使うと元気な印象になります。派手なカラーのキーホルダーはカジュアルコーデのワンポイントにおすすめです。

 

タッセルと一緒に付けたスマイル型や星型のチャームが愛嬌たっぷりですね。夏には貝殻やヒトデ型のチャームを合わせて、マリン風タッセルにしてみても可愛いです。

手作りタッセルをアクセサリー・チョーカーに応用

首元をキレイに見せるチョーカーも、タッセルを取り入れるのがおしゃれ。いつものコーディネートの首元にタッセルのチョーカーを取り入れてみてはいかがでしょうか。1から作るのが難しい場合は、既存のチョーカーにタッセルを付け足すだけでも、オリジナルのタッセルチョーカーを作れます。

レザーのタッセルチョーカー

1本の紐をくくって使うタイプのチョーカーです。紐の両端につけたタッセルがよいアクセントになるでしょう。チョーカーは首元を強調させるアクセサリーですが、タッセルがくわわることで、ネックレスのように胸元が強調されます。

 

革紐とタッセルを組み合わせるだけなので、作り方も簡単です。

 

揺れるタッセルチョーカー

紐状のチョーカーにタッセルをつけたアクセサリーです。こちらのチョーカーは短いネックレスのようにも見えますね。Vネックの胸元が空いた服にもピッタリです。既存のチョーカーにタッセルをつけるだけの簡単リメイクは、不器用さんでも作れます。

複数のタッセルチョーカー

チョーカーに小さなタッセルを2つ使うとよりおしゃれな見た目になります。チョーカーの紐とタッセルを同じ素材やカラーで揃えて作るのも、違うカラーや異素材の組み合わせで作るのでもいいでしょう。もちろん、既存のチョーカーに手作りのタッセルをプラスするのもOKです。

手作りタッセルをかんざしに応用

浴衣や着物を着るときに使うかんざしもタッセルがよく合います。デザインによっては洋服にも使えるでしょう。オリジナルのかんざしを作りたい場合は、アクセサリーショップやネット通販でかんざしの金具が販売されているのでチェックしてみてください。

タッセルの和風かんざし

細めの糸で作られたタッセルと、和柄パーツで作られたかんざしです。ゆらゆらと揺れるかんざしはヘアスタイルを華やかにします。転写玉ビーズと鮮やかな色合いのタッセルの組み合わせは、繊細でとてもきれいです。

洋風のタッセルかんざし

レザータッセルの手作りかんざしは、洋風な雰囲気なので普段使いとしても最適です。レザータッセルだけでもおしゃれなかんざしが作れますよ。タッセルひとつでシンプルにしても、2~3個つけて華やかにしてもいいですね。

 

タッセルはデザインのバランスをみながらつけてみてくださいね。

つまみ細工とタッセルかんざし

つまみ細工は日本の伝統工芸のひとつです。布で作られた和風の花はかんざしの装飾にぴったりでしょう。そこにタッセルを付け足すと動きがプラスされます。雰囲気を変えたいときはタッセルを取り外しできると便利です。

オリジナルの手作りタッセルアクセサリーを作ってみよう!

タッセルのアクセサリーはいろいろな種類があります。簡単に作れるので、ハンドメイド初心者の方にもおすすめです。まずはタッセルの基本をマスターし、作り方が慣れてきたら、ピアスやキーホルダーなどにも挑戦してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

オリジナル商品