Apr 18, 2021

部屋をきれいに見せる模様替えのコツ。家具の配置やおしゃれなアイディアも

北欧スタイルのインテリア

模様替えを始める前にはまず、プランニングとシミュレーションを行うことが大切です。本記事では、部屋をおしゃれに見せるためのコツやおすすめアイディアを解説するとともに、模様替えのポイントをインテリアテイストごとに紹介します。

スムーズに部屋を模様替えするコツ

整理された洋服や小物

 

ここでは、模様替えのコツを紹介します。模様替えをすることが決まったら、すぐに家具を動かすのではなく、プランニングからスタートしてみましょう。模様替えがよりスムーズに行えるはずです。

持ち物を把握する

まず、今使っている物をリストアップするなどして、持ち物を把握します。これからも使う物・不要な物などに分けられるだけでなく、模様替えする際に必要なアイテムが見えてくるはず。不要な物を処分すれば、部屋がすっきりして広く使えるでしょう。

模様替えの目的を考える

部屋を広く見せたい・すっきり見せたい・おしゃれに見せたいなど、模様替えの目的は人それぞれですよね。なぜ模様替えをするのか、目的を明確にしましょう。模様替え後の仕上がりが自然と見えてきます。

部屋の図面を描いてシミュレーションする

シミュレーションするために、家全体の間取り図や模様替えする部屋の見取り図を描いてみましょう。その際、入口・窓・コンセントの位置なども忘れずに描いてください。

 

全体図を描いたら、配置したい家具を鉛筆で描き加えて、具体的なレイアウトを考えてみます。頭の中のイメージを実際に描き出すことで、模様替え時の失敗を抑えられるでしょう。

生活動線を考える

過ごしやすい部屋作りのためには、普段の生活スタイルに合ったレイアウトが大切です。動線の邪魔になる家具の配置はストレスの元。家具の配置を描いた間取り図や見取り図上で生活動線を考えて、レイアウトを決めましょう。

部屋をきれい・おしゃれにする模様替えのアイディア

広々としたLDK

生活しやすいだけでなく、おしゃれできれいな部屋にもしたいですよね。ここでは、きれいでおしゃれに見える模様替えのアイディアを紹介します。

アイディア①家具の配置・組み合わせ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Homoir [H](@homoir__)がシェアした投稿

 

家具の組み合わせ方や配置だけでも、部屋の印象はずいぶん変わります。

 

例えば、広い部屋に見せたければ、配置する家具・アイテムを最小限にして床がより多く見えるようにしてみましょう。また、高さがある家具は部屋が狭く見える原因になるため、なるべく置かないようにするか、死角になる位置に配置するのがポイントです。

 

1つの部屋をソファや収納棚などの家具で仕切ると、圧迫感なくメリハリが付けられます。くつろぎスペース・食事スペースなど、用途に合わせて使い分けてみてください。

 

セット売りのダイニングチェアではなく、1つずつ違うデザインの物を組み合わせるなど、デザインの違う家具をあえて組み合わせるのもおしゃれですよ。

 

窓際は日が当たるので、デリケートな家具やファブリック系を窓際に置くと日焼けする可能性があります。これらは窓際を避けて設置したり、窓際にサイズが大きめの観葉植物を置いて日よけ対策をしたりするのが良いです。

アイディア②部屋の色味

 

色は、部屋のテーマとなるメインカラーをまず決め、それに合わせて配色するのが基本です。クッションカバーやラグなど、ファブリックのカラーだけをメインと違うものにするとバランスが良くなりやすいでしょう。ガラッと部屋の印象を変えたければ、比較的面積が大きいカーテンやラグなどのカラーを変えてみてください。

 

カラーの組み合わせ方によって部屋の印象が異なります。白などの淡いカラーで統一すると広々とした部屋に、暖色系のカラーなら、安らげる温かい雰囲気の部屋に、寒色系のカラーなら落ち着いた印象の部屋が完成します。

 

おしゃれなクッションカバーでイメージチェンジ!選び方やおすすめの商品を紹介

アイディア③照明選び

 

この投稿をInstagramで見る

 

AMMA Designs(@amma_designs_)がシェアした投稿

 

模様替えの際に、照明のデザインを見直してみるのも良いかもしれません。部屋の雰囲気と統一感が出るようなデザインにしたり、逆にアクセントになるような物を組み合わせたり、パターンをいくつか考えるのがおすすめです。

 

また、空間演出に適しているのが間接照明。昼と夜で部屋の雰囲気を変えられますよ。オブジェとなるようなおしゃれなデザインなら、間接照明を使わない昼間にも活躍するでしょう。

アイディア④収納家具の配置

 

この投稿をInstagramで見る

 

dedobob blog(@dedobobblog)がシェアした投稿

スぺ―スを確保できるなら、収納家具を使って細かい物を収納しましょう。部屋が整理しやすくなれば、掃除が行き届いた清潔感のある部屋をキープできます。配置する収納家具は、板のない物や高さの低い物を選ぶと圧迫感を抑えやすくなるのでおすすめ。

アイディア⑤雑貨・アートの配置

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ivan Stoyanov(@ivansculpture)がシェアした投稿

壁にアートを飾るのもおしゃれです。テーマを決めて、それに見合ったアートを飾ってみましょう。アートの色味を部屋のファブリック類と揃えれば、インテリアに統一感を出せます。

部屋の模様替えポイント【間取り別】

同じ色で揃えられた椅子とラグ

 

間取りによって相性の良いレイアウトが異なります。ここでは、おすすめのレイアウトを間取り別に紹介します。

LDKのレイアウトは広さ・形を意識する

間取りによってLDKの広さや形が変わってくるので、それに合わせたレイアウトを考えてみましょう。

 

例えば、横長のLDKであれば、横のラインに合う横長の家具がおすすめです。奥行きを強調できるので、部屋が広々とした印象になります。

寝室のレイアウトは部屋の広さとベッドの大きさを考慮する

寝室は、部屋の広さとベッドの大きさのバランスが重要です。

 

6畳の寝室であれば、シングルサイズ~ダブルサイズのベッドがおすすめ。しっかりと生活動線が確保できます。寝室が8畳以上あるなら、クイーンサイズでも良いでしょう。ベッドを置いても床に空きがあって寂しい印象がある場合は、ラグなどを敷くとバランスが取れますよ。

和室のレイアウトは他の部屋からの見え方を考慮する

最近多く見られるのが、LDに和室が隣接した間取りです。この場合、和室の入口にある襖などを開けておくと開放的になります。ただし、LDから和室が丸見えになってしまうので、和室に置く物は最小限に留めるなどして、生活感を出さないことがポイントです。

 

2つの部屋の間に小さめの収納を並べれば、和室とLDにメリハリを付けられますよ。

部屋の模様替えポイント【テイスト別】

白で統一された部屋

 

テイストを決めておくのもおしゃれな部屋にするポイントの1つです。ここでは、テイスト別に模様替えのポイントを紹介します。

ナチュラル

 

この投稿をInstagramで見る

 

AROHA(@aroha_interiordesign)がシェアした投稿

木材や布など、素材を活かした空間が特徴的なナチュラルテイスト。素材にこだわった温かみのある部屋に仕上がります。家具だけでなく、小物類にも天然素材を取り入れれば、本格的なナチュラルテイストに仕上げられるでしょう。これらとの相性が抜群なドライフラワー・スワッグを取り入れるのもおすすめです。

 

失敗しないドライフラワーの作り方。適した花の種類や活用術とは

 

※スワッグの内部リンク設置

北欧

 

この投稿をInstagramで見る

 

Simply Scandi(@simplyscandimag)がシェアした投稿

ナチュラル風のインテリアに、北欧家具をプラスして配置するのが北欧テイストです。温かさが感じられる無垢材の家具や、北欧で作られたテキスタイルなどを部屋に取り入れましょう。

 

より落ち着ける空間に仕上がるよう間接照明を置いたり、部屋のクオリティーアップのためにアートを飾ったりも良いですね。

モダン

 

この投稿をInstagramで見る

 

@danisadaladesignがシェアした投稿

古典的なものとは対照的に、近代的なインテリアアイテムを基調としたのがモダンテイスト。配置する物を極力少なくすると、落ち着ける空間に仕上がります。逆に、大きめの家具や照明を配置して存在感を出せば、あか抜けた印象の部屋になるでしょう。また、ネイビーなどの濃い色を取り入れると、さらに上質な雰囲気を作れます。

モノトーン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Design_By_Me(@design_by_me_projekt)がシェアした投稿

白・グレー・黒の3色が配置されたテイストです。

 

ベースを淡い色味、アクセントに濃い色味を取り入れることで、空間を引き締めてくれる効果が期待できます。クッションカバーなどのファブリック系の素材は、光沢のある物がおすすめです。部屋の縦ラインを意識し、縦方向に白のアイテムを取り入れれば、解放感溢れる部屋に仕上がるでしょう。

模様替えのコツを押さえておしゃれな部屋作りを

キッチンとリビングが一体化した部屋

 

模様替えをする際は、まず部屋のイメージを膨らませることが大切。そして、部屋の広さや形を考慮しつつ家具の配置や色味を変えれば、おしゃれできれいな部屋に近づきます。模様替えのコツを押さえて、理想の部屋作りをしましょう。

オリジナル商品