Jan 21, 2022

食感と旨味がたまらない…!「サクサクしょうゆアーモンド」ってどんな調味料?:調味料マカセvol.6

料理の最後の決め手となるのが、調味料による味付けです。日本人に馴染みのある「さしすせそ」だけではもったいない!
こちらの連載では、今流行りの調味料から、知るひとぞ知るプレミアムな調味料まで、かんたんレシピと一緒にご紹介します。味に奥行きを出したり、自分で調節しなくても味が決まる、お気に入りの一品を見つけてみてください。

今回は、食感と旨味がたまらない…!「サクサクしょうゆアーモンド」をご紹介します。

編集部の総評

 

 

 

アーモンドだけではなく、、ガーリックやオニオンのザクザク感が病みつきに。これだけでお酒の当てに出来そうな調味料です。

 

 

 

 

 

ベースが醤油なので、どんな食材でもとにかく合う。ひと瓶に入っている量はそんなに多くないので、3個セットで買うのがお得でいいかも。

 

 

 

 

 

さすがキッコーマンさん。旨味と香りがすごい!!いつもと一味違う料理を出したい時におすすめの調味料です。

 

サクサクしょうゆアーモンドってどんな調味料?

 

サクサク醤油アーモンドは、お醤油で有名なキッコーマンのこころダイニングから発売されているトッピング調味料です。出来た料理や、素材にそのまま乗せるだけで、旨味と食感が変化する万能調味料。

醤油をベースにしているため、様々な食材にマッチする、まさに万能調味料!

 

主な原材料はこちら

なたね油(国内製造)、ローストアーモンド、フリーズドライしょうゆ、フライドオニオン、砂糖、食塩、ごま油、フライドガーリック、酵母エキス、ごま、しょうゆ、魚醤パウダー、こしょう

 

ただの醤油とアーモンドの調味料にはあらず、フライドオニオンとフライドガーリックが主張しすぎず、食感と香りを引き立てています。これがやみつきリピーター続出の理由かもしれません。食感はもちろん、サクサク!オイル漬けにされているのにこのサクサク感も珍しい特徴です。

 

こちらのフリーズドライ醤油には、もろみが配合されており、手軽に発酵食品を取り入れられるのも嬉しいポイントです。

 

サクサクしょうゆアーモンドのおすすめの使い方

サクサク醤油アーモンドは、あくまでもトッピングに特化した調味料のため、煮込み料理などの味付けには不向きです。その代わり、乗せるだけ、かけるだけの簡単調理でいつもと違う味を楽しめちゃう調味料なんです。

王道卵かけご飯

 

まず絶対に試していただきたいのはこちらの卵かけご飯!

お醤油の代わりにサクサクしょうゆアーモンドを乗せるだけ。これが本当に美味しいんです。醤油でもない、ふりかけでもない不思議な食感でもりもりご飯が進んでしまいます。

卵との相性も抜群なので、卵焼きのトッピングにも合いそうです。

 

冷奴もいつもと違う一品に

 

公式でもおすすめされているのが、豆腐との組み合わせ。豆腐と、アーモンドやガーリックって合うの?と思っていましたが、これも乗せるだけで美味しい冷奴の完成!

 

お刺身などの魚にも!

醤油といえば…で試してみたのがお刺身。これも間違いなしの美味しさでした。

焼き魚やムニエルのトッピングにも合いそうです。

 

野菜なら断然ナスがおすすめ

 

茹で野菜や焼き野菜のトッピングにもおすすめです。編集部の一番のおすすめは焼きナス!

発酵食品であるもろみ入りの醤油がしっかり染み込んで、ちょっと田楽風な焼きなすになりました。追加でトッピングした小口ネギとの相性もバッチリです。

 

サクサクしょうゆアーモンドはどこで買える?

サクサクしょうゆアーモンドは2022年1月現在、ネット通販のみの取り扱いのようです。

こころダイニングの公式ページから購入が出来ます。

内容量はひと瓶90gと少なめなので、量産が難しい商品なのかもしれません。

 

やみつき調味料、サクサクしょうゆアーモンドで一味違う食卓を

 

口コミでは、「そのまま食べたい」「すぐに無くなってしまう」などやみつきになってしまう方が続出のサクサクしょうゆアーモンド。

パッケージや瓶も可愛いので、ちょっとしたギフトや手土産にもおすすめですよ!

ぜひお試しください。

 

 

こちらもチェック!

 

オリジナル商品