DIY

Mar 25, 2020

DIYで不用品をリサイクル!初心者でも簡単にできるリメイク術12

壊れたものや使わなくなったものを「もったいない」「何かに使えるかも」と保管しても使わず、不用品が増えて場所をとってしまうことってありますよね。捨てれば部屋がすっきりしますが、ちょっとDIYでリメイクすればゴミを出さずにお部屋をおしゃれにすることができて一石二鳥です。そこで、今回はどこの家にもあるような不用品をおしゃれに変身させるリサイクル術を12個ご紹介します。

 

DIYリサイクルのメリット

DIYは面倒だし、既製品で十分と思う人も多いのではないでしょうか。しかしDIYの語源は”Do It Yourself”であるように、自分で不用品をリサイクルすることに意味があるんです。そこで、DIYリサイクルのメリットをご紹介しましょう。

1. 自分の思い通りのアイテムが手に入る

DIYリサイクルのメリットはなんといっても自分の理想のアイテムを作れること。市販品で「もっとこうだったらいいのに」ということは結構ありますよね。機能はいいのにダサい、見た目は理想なのに高いなど、挙げればきりがありません。

既製品では手が届かないかゆいところに手が届くのがDIYリサイクルの醍醐味。手間暇かければ自分の理想の商品が手に入るのはもちろん、手を加えているぶん愛着も沸くので大切に使うようになります。

2. 不用品回収費や新しいものの購入費を節約できる

壊れたり古くなったりして不要になった家具は捨てるのも一苦労です。捨てるために粗大ゴミの回収ステッカーを購入したり、不用品の買取を依頼するにも大きな家具を梱包するのにかなりの労力を要します。

しかし、DIYリサイクルなら粗大ゴミ回収用のシールを購入する必要もなければ、新しいものを買いなおすお金も節約できます。DIYリサイクルに必要な材料費は比較的安く済むことが多く、トータルで考えれば買い替えるよりはリサイクルして物を大切にする方がお得です。

不用品のリサイクルDIYを始める前に揃えておきたい道具

DIYリサイクルを始めるとき、何を用意すればいいかわからないことも多いですよね。インターネットで作り方を調べても手順のことしか書かれておらず、作りながら道具が足りないことに気づいて、作業を中断して買い出しに行くこともあるのではないでしょうか。

そこで、DIYを始める前に揃えておきたい必需品を4つご紹介します。

1. マスキングテープ

Amazon|カモ井加工紙 マスキングテープ マットホワイト MT01P208

出典:Amazon

 

まず最初にゲットしておきたいのはマスキングテープです。採寸や型紙の仮留め、養生はもちろん、ペンでメモ書きやマーキングもできる万能アイテム。100均でも手に入るので、ひとつは持っておきたいところ。おしゃれな柄のテープは小物のデコレーションにも使えるので、気づいたらマスキングテープ用の収納ケースをDIYすることになる人も。

2. 水平器付きメジャー

Amazon|HAKUGA レベルレーザー 多機能 水平器 水準器 水平垂直測定 クラスIIIA3R製品 1台4役 地平線測定 室内飾り測定用 コンベックス 18FT/5.5M (イエロー)

出典:Amazon

 

DIYでは様々なものを組み合わせて一つのインテリア雑貨や家具を作ります。材料を組み合わせるときのほんの数度のずれが、完成品の出来具合を大きく左右するんです。こちらの商品はレベルレーザー、ブルーレベル、コンベックス、ハンドスケール水準器の4つの機能を一台に集約したスグレモノ。これ一台あれば、傾きや他の部品とのズレといったトラブルとは無縁のDIYライフを送ることができます。

3. グルーガン

Amazon|Funfly,グルーガン グルースティック30本付 強力粘着 速乾 高温タイプ 接着剤 プラスチック用 DIY工具用品 軽量 プロ小型 (ブルー)

出典:Amazon

 

グルーガンは高温で溶かした樹脂が冷えて固まることで接着できる道具。ガンタイプなので手を汚すことなく接着でき、セリアなどの百均でも手に入るのお手軽さでDIY初心者にも大人気なんです。今回ご紹介するグルーガンは接着剤になる樹脂のグルースティックが30本もついているので、とてもお買い得ですよ!

4. 工具セット

Amazon|DIY Girls 女性専用 ピンクの工具セット 充電ドライバー付 33pcs+α DIY女子

出典:Amazon

本格的なDIYをやろうとするとどうしても本格的な工具が必要になります。何が必要でどれを選べばいいかわからなくて、買うだけで一苦労ということもあるのではないでしょうか。そんなときにはDIYに必要な工具一式が入ったセットを買うのがおすすめです。

1つ買うだけで必要なものが揃うのはもちろん、1つのケースに収納できるので場所も取りません。この工具セットには電動ドライバーが入っているので、力がいるネジ締めもとても簡単にできます。

5. リメイクシート

Amazon|【マットな高級感】ウォールステッカー 壁紙シール 大理石

出典:Amazon

 

DIYで部屋や家具の色柄を一気に変えたくなることがありますよね。ペンキでの塗装は他の場所が汚れるリスクもあるし、使い切らないと固まってしまうため初心者にはハードルが高くなりがち。そんな悩みを解決するのが、リメイクシートです。①必要な大きさに切って、②保護シートを剥がして、③貼りたいところに貼るだけの3ステップなので、壁も大きな家電も簡単にイメチェンできます。

注意点が2つあり、1つは壁など貼る場所によってはがすときにリメイクシートと一緒にはがれてしまうこと。対策としてはマスキングテープで接着面を覆ってから貼るなどが挙げられます。もう1つはシートによって耐水・耐火性が異なること。火元や水回りで使用する場合は、購入前に耐水・耐火性を調べましょう。

初心者でも簡単DIY!不用品のおしゃれリサイクル術12

ここからは具体的なDIYリサイクル術をご紹介します。さまざまなアイディアが詰まったリサイクル術を厳選したので、すべて必見です。

1. 和箪笥をおしゃれなチェストにDIY!

和室がない家も増えているため、和風家具のDIYリサイクルが人気なんです。なかでも和タンスは取っ手や装飾が凝っていて、新しく付け替える必要もないので作業する側も楽ちん。
スモーキーなカラーリングと英字新聞風のリメイクシートが和の雰囲気をモダンに。元のタンスの素材を活かしてヴィンテージ加工した右の引き出しにはナンバリングが施されていて、おしゃれさが格段とアップしています。

2. 扇風機はDIYペイントで思い通りの一台に!

家電量販店に売られている扇風機は生活感が色濃く出ていて、おしゃれなインテリアの中に入れると浮いてしまいがち。そんな扇風機も自分の部屋に合わせたものに変えることができるのがDIYリメイクのいいところ。

こちらはよく見る真っ白な扇風機のボディをグリーンに、透明な羽をホワイトに塗装した作品。羽と本体どちらにも錆加工が施されていて、ヴィンテージな仕上がりがとてもおしゃれです。

3. カラーボックスで実用性抜群なドレッサーDIY!

女性なら一度は憧れるドレッサーも、カラーボックスを使えば簡単かつ機能的に作れてしまいます。こちらはニトリの2段カラーボックスをアレンジした例です。

棚の高さを調節できるタイプなので、収納ケースに応じて高さを変えたり、市販の木材を追加購入すれば弾を増やすこともできます。大理石のカッティングシートなどでカラーボックス全体を貼れば、さらにおしゃれ度がアップしそうです。

4. 学習机

学習机ってどうしても「いかにも学習机」という感じがして、機能的ですがおしゃれではないですよね。リメイクシートの活用や塗装で変えるだけでもぐっとおしゃれになります。

今回ご紹介するるのは、マグネットペイントという特殊塗装が施した例。その名の通り、塗布した箇所に磁石がくっつくようになるもので、時間割や提出物など目につくところに色々飾っておきたい子供にはとてもぴったり。

5. ベニヤ板を貼ってペイントするだけ!簡単下駄箱リメイク

もともとの下駄箱はよくある化粧板で作られていましたが、DIYリメイクするだけでこんなにおしゃれになるんです。ベニヤ板を貼ってその上にフレーム素材を接着するだけ。下駄箱にしたい色のベニヤ板がなければ自分で塗ってもよし、カッティングシートを貼ってもよし。家を出るとき、帰宅したときに必ず通る場所だからこそ、居心地のいい空間にすることが大事になります。

6. 子供と一緒に作りたい!ペットボトルで簡単に作れるおしゃれ照明

ペットボトルは日常的にでてくる不用品の一つ。インテリアシールをペットボトルに貼って、そのなかにLEDライトを入れるだけでとても簡単。飲み口をフェイクグリーンで隠してしまえば、ペットボトルで作ったとはわからないような仕上がりになります。お子様の自由研究にもおすすめのDIYリサイクルです。

7. 冷蔵庫はリメイクシートを貼って生活感を消す

冷蔵庫などの白物家電はDIYのしようがなく、キッチンや洗面所はおしゃれなのに白物家電だけ生活感が消えない…とお悩みの方も多いはず。冷蔵庫も洗濯機も、リメイクシートを使えば気になる生活感を消すことができます。

この冷蔵庫は黒板としても使える黒板シートを使用しています。冷蔵庫に直接メモもできて使い勝手もよく、周りの雰囲気に馴染むようになったので一石二鳥です。

8. ベビーベッドを勉強机にリメイクしてずっと使えるように

ベビーベッドは子供が赤ちゃんのときの数年しか使わず、すぐ捨ててしまうのはもったいないですよね。そんなベビーベッドは勉強机にリメイクすれば、長い間使い続けることができます。

ベッドにするくらい天板はしっかりとした素材でできているので、物をたくさん置いても安心。S字フックを使えばランドセルをひっかけることもできます。脚にはキャスターがついているので、大掃除でなくても勉強机を動かすことができるのは、ベビーベッドリサイクルの嬉しいポイントです。

9. ウッドパネルやすのこを敷くだけで印象が大きく変わるベランダ

部屋の中をおしゃれにしたらベランダもおしゃれにDIYしたくなりますよね。ベランダの床に押し入れに入れていたすのこやウッドパネルを敷くだけの、簡単なのに印象が大きく変わるベランダDIYリサイクルはおすすめです。

すのこやウッドパネルの長所は、原状回復も簡単なこと。壁紙やリメイクシートと違って接着剤が不要なので、使っても床が壊れる心配はありません。そのため、賃貸物件でもストレスなく使うことができます。

10. 100均のカラー和紙やクリアファイルでステンドグラス風の障子に

和室を洋室にリノベーションするとき、障子の扱いに困ったことがある人もいると思います。そんなときにおすすめなのが、ステンドグラス風のDIYです。やり方は簡単で、もとの障子をすべて破った後にカラー和紙を貼るだけ。元の枠を活かすのがポイントです。

小さな子供がいる家庭の場合は、和紙ではなくクリアファイルを使うと障子を破られる心配もありません。さらに、クリアファイルを使うことで本物のステンドグラスのようにたくさん光を取り込むことができます。クリアファイルを使う場合、2枚重ねで使うと濃い色が出るようです。

11. 意外性抜群!着物をリサイクルしてスリッパに!

着付けができない、使いどころがないという理由で着物が手持ち無沙汰になっている人も多いのではないでしょうか。売るのも選択肢の一つですが、思い切ってルームシューズにリメイクするのはいかがでしょうか?

着物をそのまま使うので、生地がしっかりしていて履き心地も抜群です。着物のどこを足の甲を覆う部分に採用するかによって同じ着物から作るスリッパでもまったく表情が異なるものができます。左右でテイストを揃えるのもよし、あえて左右で違うデザインのものを作ってみるのもよし。自宅にいるときにずっと履いているものだからこそ愛着が持てるものを作りたいところです。

12. テレビ台を優しいカラーリングにリメイク!

テレビ台もリサイクルDIYの常連の家具の一つです。黒や白といった無機質なカラーリングが多く、温かみがあるデザインのテレビ台は少ないですよね。そんなときに活躍するのがリメイクシートです。淡いカラーや明るい木目調のデザインなど優しい雰囲気のお部屋にぴったりのデザインがたくさんあるので、理想のテレビ台を簡単に手に入れることができます。さらに、もともとあったガラスを撤去するのも一つの手段です。ガラスを撤去することで小さな子供が怪我をするリスクを減らすことができるのは重要なポイントです。

DIYで不用品を素敵にリメイクしよう


DIYで不用品をリサイクルするためのリメイク術をご紹介しました。DIYは初心者にとってハードルが高く、なかなか手が出しにくいものでしたが、リメイクシートなどの登場によってここ数年で一気にハードルが低くなっています。

最初から難しいものを作る必要はなく、誰かがDIYしたのと同じようにリサイクルして、慣れたら自分流のアレンジを加えていくのがベストです。不用品のリサイクルDIYで、あなたの生活をもっともっと彩りあるものにしてください。

オリジナル商品