Jul 14, 2020

キッチンのお洒落なコーディネートのコツ!生活感を抑える収納グッズの選び方も

白のキッチンとステンレスの小物

キッチンに立つとき、キッチンまわりがお洒落で機能的になっていれば作業がはかどるもの。そんなキッチンにするためには、色合いや配置に工夫してコーディネートすることが大切です。本記事では、キッチンをお洒落にコーディネートするポイントや、生活感をなくせる収納グッズの選び方を紹介します。

お洒落で実用的なキッチンコーディネートのコツ

お洒落で実用的なキッチンにするために、コーディネートのポイントを押さえましょう。特にチェックしておくべきポイントを3つ紹介します。

①メインカラーを基準に配色を決める

まずはキッチンのメインカラーが何色かをチェック。その色を基準にしてキッチングッズの色を決めていきましょう。

 

システムキッチンや床のカラーと食器棚などの大型アイテムを同じ色味の物に合わせるのがおすすめです。そうすることで、統一感のあるキッチンが出来上がります。

 

メインの色を揃えたら、キッチン家電や小物類に差し色を入れてみましょう。差し色を入れる場合は、メインカラーとは反対の色味を選ぶとコーデにアクセントがつけられるので試してみてください。

②デザイン性の高いキッチンツールを揃える

使いやすさを重視しがちなキッチンツールですが、デザインに注目してみるのもおすすめです。その場合は、メインカラーやキッチン全体のテイストとマッチするようなキッチンツールを購入するのがポイント。

使いやすさとデザインのお洒落さの、両方を兼ね備えたキッチンツールを見つけてみましょう。

③雑貨類までお洒落にこだわる

キッチンは生活感が出やすい場所の1つです。例えば、調味料などの市販ラベルを張り替えたり、お洒落なボトルに入れ替えたりするだけでも、生活感が薄くなります。

 

また、食器類のテーマを決めて色やデザインを揃えることで、統一感のあるコーデに仕上がるでしょう。

お洒落で実用的なキッチン収納のコツ

お洒落なキッチンをつくるためには、上手な収納術を身につけることも大切です。収納のポイントを押さえれば、すっきりとまとまった使いやすいキッチンに近づきます。

そこで、キッチンアイテムを上手に収納するコツをチェックしていきましょう。

①同じ収納グッズをまとめて配置する

収納グッズを使う場合は、デザインを揃えた上で1ヵ所にまとめて配置するのがポイントです。そうすることで、キッチン全体をすっきりと見せられます。

 

また、収納グッズを見える場所に置く場合は、キッチンのコーデに溶け込むようなデザインを選ぶことも大切。収納グッズが浮いた印象にならないようにしましょう。

 

②小さなアイテムはボックスに入れる

こまごましたものをそのままキッチンに置くと雑然とした印象になりがちです。収納ボックスに入れれば、すっきりとするだけでなく使い勝手も良くなります。

③キッチンツールは吊るしすぎない

お玉やフライ返しなどのキッチンツールを、コンロの前に吊るしている人も多いでしょう。確かに使いやすいですが、ツールが多くなると雑多な印象になる可能性があります。

 

キッチンをすっきり見せるためには、ある程度壁の空白を確保した方がキッチンをすっきり見せやすいので、吊るしすぎないようにしましょう。

④引き出しの内側も利用する

キッチンツールが多くて収納に困るという場合は、システムキッチンにある引き出しの内側にかけて収納するのもおすすめです。

 

吊るし収納とは異なり、外からは見えないのですっきりとした印象になります。

⑤お洒落なアイテムは見せて収納する

その一方で、アイテムのデザインがお洒落な場合はあえて見せてみましょう。吊るしたり棚に飾ったりする「見せる収納」を試してみてください。

 

お気に入りのアイテムが目に見えるところにあるだけでテンションが上がり、料理をより楽しめるかもしれません。

⑥使用頻度や調理工程を考慮して配置する

アイテムの使用頻度や調理工程を考慮して配置すれば、より使いやすいキッチンになります。

使用頻度の高い包丁などは、スタンドに立ててキッチンカウンターに配置したり、鍋とお玉などのよく使うアイテム同士をセットで収納したりすると良いでしょう。

 

使いやすさは人それぞれで異なります。自分が「使いやすい」と感じる配置を考えてみてください。

生活感を抑える!収納グッズの選び方

生活感のないキッチンにするためには、収納グッズの選び方がとても大切です。
ここでは、収納グッズを選ぶ際に押さえておくべき3つのポイントについて解説します。

色やデザインの統一感を意識して選ぶ

まとまりのあるコーデにするためには、収納グッズの色やデザインを統一させてみましょう。同じデザインを揃えるのが難しければ、色味を揃えるだけでもOK。統一感が出て、見た目も変わります。

取り入れる素材を絞って選ぶ

色味やデザインがバラバラであっても、収納グッズの素材が一緒であればコーデがまとまる場合もあります。「ウッド調」や「ステンレス調」など、素材にも着目してみましょう。

お洒落なアイテムを選ぶ

収納グッズをお洒落なデザインの物にするだけで、自然と生活感を抑えられます。デザインで選ぶ際は、キッチン全体の雰囲気にマッチするような収納グッズを選んでみましょう。

【テーマ別】お洒落なキッチンコーディネート例

続いて、キッチンのコーディネートや収納のコツを押さえたお洒落なキッチンの実例を紹介します。ぜひコーデの参考にしてみてください。

ほっこり優しい「カントリー系キッチン」

全体的に優しい雰囲気のコーデで、ウッド系のアイテムと相性抜群です。

画像はフレンチカントリーがテーマのキッチンで、メインカラーの白に濃いウッド調の椅子がマッチしているところ、キッチンツールを白で統一しているところがお洒落なポイントと言えるでしょう。

 

カントリー系は種類が豊富で、この他にもアメリカンカントリーやイングリッシュカントリーなどがあります。

清潔感溢れる「クール系キッチン」

白・黒・グレーなどの色味を中心に使ったコーデは、クールでかつ清潔感のある仕上がりになります。キッチンは清潔感がとても大切な場所の1つなのでおすすめです。

 

画像のように、白ベースのキッチンに黒やグレーの小物類や家具・家電を配置すると、キッチン全体が暗くなりすぎず、且つクールな印象になるでしょう。

差し色が素敵な「北欧系キッチン」

北欧デザインはとても人気で、インテリアに取り入れている人も多いです。北欧系は、明るい色にグレーを混ぜたような、淡くくすんだ色味が特徴。北欧系らしい色彩のアイテムをキッチンに置けばコーデのアクセントになると同時に、全体的にあたたかみのある印象に仕上がります。

すっきり「統一感重視のキッチン」

とにかくキッチンをすっきりと見せたいという場合には、素材でまとめると良いでしょう。ステンレス調やウッド調など、好みの素材でまとめれば、すっきりと統一感のあるキッチンになります。

 

画像はウッド調のキッチン。キッチンカウンターや椅子・棚などがすべて木の素材であたたかみが感じられ、それでいてすっきりまとまっています。

生活感ゼロ「隠す収納重視のキッチン」

生活感を出したくない場合は、隠す収納を重視するのがポイントです。棚などへの収納はもちろん、収納グッズを使って細々したものなども徹底して隠していきます。

 

そうすることで、まるでモデルルームのようなキッチンに。見た目がすっきりするだけでなく、物がないので掃除も隅々まで行き届き、清潔なキッチンをキープできるというメリットもあります。

ポイントを押さえてお洒落なキッチンへ

キッチンは物が多い分、生活感が出やすいスペースです。そんなキッチンをコーディネートするのは一見難しそうではありますが、いくつかのポイントを押さえれば、生活感が抑えられた素敵なキッチンに仕上げられます。

 

こちらで紹介した、コーデのポイントや収納グッズの使い方などを参考に、理想のキッチンを作りましょう。

オリジナル商品