facebook twitter instagram

Jan 25, 2024

【リメイク】米袋は優秀素材!米袋リメイク術でおしゃれハンドメイドに大変身

昔からお米の保管に重宝されている紙製の米袋。実はこの紙製の米袋はとても耐久性が高く、お米の保存袋としてだけでなく、丈夫で便利なクラフト素材として様々な用途で使うことができます。そこで、この記事では米袋リメイクのアイデアをいくつかご紹介します。紙製の米袋にあまり馴染みがない方でも分かりやすいよう、基本情報もまとめていますので参考にしてください。

米袋とは

 

まずは紙製の米袋の特性や入手方法についてご紹介します。

米袋とは①保存性の高いクラフト素材

紙でできている米袋はすぐに破れてしまいそうなイメージがありますが、実はとても耐久性の高い素材でできています。30kg近くのお米を入れても破れることはなく、水をはじく撥水性も兼ね備えています。
一方で、紙でできているためハサミで簡単に切ることができ、のりや両面テープで簡単に貼り付けることが可能です。そのため、ハンドメイド初心者でも取り組みやすい素材として人気が出ています。

米袋とは②再利用することでSDGs的にも◎

米袋はお米を輸送や保管するために使用された後、一度使用したら米袋として再利用することはできません。そのため衛生面や産地偽装を踏まえると、廃棄することがほとんどでした。しかし、とても丈夫で優れた素材として注目されるようになり、そのまま捨ててしまうのはもったいないとして米袋のリメイクをしようとする動きが広まっています。

米袋とは③おしゃれなデザインがたくさんある

米袋には産地や生産年などが赤や緑のインクを使って印刷されています。そのデザインが素朴でかわいいと評判になっています。さらにブランド米が広まったことで、米袋のデザインをより特徴的にする産地が増え、米袋のデザインも多種多様に変化しています。今までは10kg以上のお米を入れる大きな米袋しかありませんでしたが、一般消費者にも米袋を求める声が多くなり小さい米袋も作られるようになっています。

米袋の入手方法

米袋はお米を取り扱っている専門店などでお米と一緒に販売されていたり、ホームセンターなどで米袋単体が売られていたりします。そのほかにAmazonや楽天市場などの通販でも販売されていて、豊富なデザインの中から選ぶことができます。

作りたくなる米袋リメイク術

ここからは、実際に米袋を使って作るリメイクのアイデアについて解説します。米袋のデザインをそのまま活かしたり、米袋を裏返しにして上からリメイクシートなどを貼って全くオリジナルのデザインに仕上げることもできますよ。

米袋リメイク術①エコバッグ

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIKA.n(@mikataketake)がシェアした投稿

重い食料品を入れるエコバッグに、丈夫で撥水性のある米袋を利用するのはピッタリです。エコバックの本体部分だけでなく、持ち手の部分も余った米袋で作ると耐久性が上がります。マチを付けて作ると、お弁当など平らに持ち運びたいものも入れやすくなります。

米袋リメイク術②ストレージバッグ

→楽天でみる

 

ストレージバッグとは収納グッズの1つで、食べ物や洗濯物などを入れておくバッグです。米袋で作ると中に重いものを入れても、破れる心配がありません。そのため常温で保管しておく根菜類やペットフードを入れるのにぴったり。紙製なので湿気も取れて保存性も高い点が嬉しいですね。

米袋リメイク術③ゴミ箱

いらない米袋がたくさんあるのであれば、ゴミを入れるために活用してみてはいかがでしょうか。水にも強い素材なので、多少の生ごみなら入れても大丈夫です。また、ゴミ箱の外側におしゃれにリメイクした米袋を被せれば、インテリアとしても楽しめます。

米袋リメイク術④プランター

家庭菜園を行う際、簡単な方法として土の袋にそのまま種や苗を植えるやり方があります。土の袋のままだと見た目がなんだか味気ない・・・という場合は、米袋でプランターや土の袋用カバーを作ることをおすすめします。耐水性があるため、ペンキなどを直接塗ってもふやけません。部屋の中に置いてある観葉植物の鉢カバーにも米袋リメイクが人気です。

米袋リメイク術⑤収納BOX

 

この投稿をInstagramで見る

 

村coto(@muracoto)がシェアした投稿

オリジナルの収納BOXを作りたいと考えている方は米袋で作ってみてはいかがでしょうか。米袋の形を活かした収納BOXなら無造作に置いてもおしゃれに見えるので、キッチンでかさばるタッパー類を入れたり、子供のおもちゃを入れたりするのにぴったりです。汚れたり部屋の模様替えをしたりして要らなくなったら、燃えるゴミとしてすぐに捨てられるのも嬉しいポイントですね。

米袋リメイク術⑥ポーチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

BBa. Works(@yacci.sugi)がシェアした投稿

米袋が注目されて大きいサイズだけでなく、1〜10kg程度の小さめサイズの米袋も販売されるようになりました。小さい米袋を使って、小物を収納するポーチをリメイクすることも人気です。布だと針や糸を使わなければなりませんが、紙でできた米袋であればのりやテープで組み立てられるので、裁縫が苦手な方やお子様と一緒に作りたいという方でも簡単にリメイクすることができます。
また、さらに丈夫なポーチにしたい場合は、内布を付けると良いでしょう。内布を花柄や派手な色にしたりと、自分だけのオリジナルポーチを作る楽しみがあります。

米袋をリメイクしてオリジナルの作品を作ろう

 

クラフト素材として優秀な米袋。もしあなたのおうちで使い道なく溜まっていたらぜひリメイクに挑戦してみてはいかがでしょうか。米袋の新たな魅力にはまるかもしれませんよ。