DIY

Jun 08, 2022

レザークラフトを始めるなら!100均で揃う道具や初心者でも作れるアイテムとは

レザークラフトの小物類

レザークラフトとは、革素材を用いたものづくりのことです。レザークラフトを始めるために一から道具を揃えると、結構お金がかかりますが、実は100均で揃う材料を用いても作れます。そこで本記事では、100均で揃うレザークラフトの道具や作り方などを紹介。自分だけのオリジナルレザークラフトにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

レザークラフトの魅力

レザークラフトで作られたお財布

 

レザークラフトの1番の魅力は、世界で1つだけのオリジナルアイテムを作れることです。レザーは傷なども含め、他にはない1点もののアイテムになります。また、自分で作ったアイテムが少しずつ変化していくのを見るのも楽しいもの。同じ素材でも作り手や使う人により、見た目や雰囲気が変わってきます。このように、使用しながら経年変化(エイジング)を楽しむのも、レザークラフトの魅力の1つと言えるでしょう。

100均で揃うレザークラフトの材料

レザークラフトの道具は、100均で買える道具で代用できます。本格的なレザークラフトの道具を揃えるとなると、それなりに値段がするので初心者にとっては少し勇気がいりますよね。しかし100均で代用できるなら、初心者でも気軽に始められるのではないでしょうか。そこでまずは、どのような道具が100均で揃えられるのか紹介します。

工作用紙

画用紙とカッターマット

 

工作用紙は、作るレザークラフトの型紙として使用します。慣れている人や他に使いやすい紙がある場合は、他の用紙でも構いません。工作用紙以外であれば、例えばボール紙、画用紙などを使用して作ることも可能です。

定規や曲げ尺

工作用のカッターや曲げ尺

 

線を測りながら書く時にあると便利なのが定規。カッターで切る時にも定規を使用することがあるため、丈夫なステンレス製のものだと安心です。また、曲げ尺なら縦と横の線を一気に確認できて便利です。

ボンド

工作用のボンド

 

レザーを縫い合わせる前には、レザー同士を貼り合わせる目的でボンドを使用します。できれば、革用のボンドが良いですが、ない場合は通常の工作用ボンドを使用しても大丈夫です。

ドライバー

マイナスのドライバー

 

ドライバーは、レザーを縫う時の穴をあける「菱目打ち」の代わりになります。使用するのはマイナスドライバー。穴を開ける時には、等間隔になるように開けていくのがポイントです。

カッター・カッターマット

カッターとカッターマット

 

レザーを裁断するカッターは、通常の工作用のもので構いません。この時、作業台を傷付けたり汚したりしないように、カッターマットもあると良い です。カッターマットにはメモリが付いているため、作業をする上でもとても便利ですよ。

ハンマー・木槌

レザーとハンマー

 

レザーに穴を開ける時に使用するのがハンマーや木槌です。マイナスドライバーだけで穴を開けるのは大変な作業。マイナスドライバーを立てた上から、ハンマーや木槌で叩いて穴を開けると楽です。

糸・針

レザー用の針と糸

 

革を縫う時に使用する糸は手芸用の刺繍糸でも良いですが、強度が弱い場合があります。そのため、心配な場合はタコ糸を使用すると良いです。また、手縫い針は毛糸とじ用の針がおすすめ。刺繍糸用の針を使用する場合は針の先でレザーを傷付けないように、やすりなどで針の先を削ってから使用しましょう。

糸用ワックス

糸用ワックスで処理している人の手元

 

糸用ワックスとは、革を縫う糸の滑りを良くしたり、糸の強度を上げたりするために使用するものです。お店に商品がない場合は、一般的なろうそくの蝋で代用できます。

 

編み物でおうち時間がもっと楽しくなる! 初心者さん向け基本テクニックを伝授

レザークラフトの基本の作り方と上手に作るコツ

次に、レザークラフトの基本の作り方と、初心者でも成功するコツを紹介します。初心者でも綺麗に仕上げるコツは、型紙を正確に作ることや小さなものからチャレンジすること。ほかにも、最初からキットになっているものを使用するのも、失敗しにくくおすすめです。

基本の作り方

 

まずは、レザークラフトの基本の作り方を紹介します。

 

  1. 型紙を作成する
  2. カッターマットの上でレザーにケガき(線を引く作業)をして、カッターで切断していく
  3. 縫い合わせるレザー同士をボンドで接着させる
  4. マイナスドライバーとハンマーを使い、糸で縫うための穴を開けていく
  5. ロウをひいた糸で、4で開けた穴に通しながら縫っていく
  6. すべて縫い終わったら、レザーの切断面をやすりなどで整えたら完成!

コツ① 型紙を正確に作る

レザークラフトの仕上がりを良くするためには、型紙を正確につくることが大切です。レザークラフトの型紙データは、簡単にパソコンからダウンロードできたり、材料を販売しているお店に置いてあったりするので、これらを使用すれば簡単に型紙を作成できますよ。

 

レザークラフトに慣れてきて、自分のデザインのものを作りたいと言う人は、パソコンのソフトなどで型紙データを作成するのも良いでしょう。

コツ② 小物類から挑戦してみる

レザークラフトを始める時に、最初からカバンや財布など大きな物に挑戦するのは大変です。慣れるまでは、キーケースなどの小物類から作っていくのがおすすめ。小物なら、準備するレザーも端切れなど小さいサイズのもので作成できます。キーケースやコインケース、アクセサリーなど、レザーで作ればおしゃれに仕上がりますよ。

コツ③ キットを利用して作成する

最初は必要なものがセットになっているキットを購入して作ってみるのもおすすめです。レザークラフトを始めたいけれど、費用面や材料など、何をどうすれば良いか分からない人にぴったり。なかには初心者でも簡単な手順で失敗せずに出来上がるように、レザーにあらかじめ切り込みが入っているセットなどもあるようです。

初心者必見!100均の材料でできるコインケースの作り方

コインケースを両手で持つ人の手元

 

ここで、初心者でも簡単に作れるコインケースの作り方を紹介します。基本的に道具は100均で揃う物ばかりなので、費用面でも安心です。日常使いできるコインケースから、まずは挑戦してみてくださいね。

100均で揃う材料

材料はすべて100均で揃う物ばかりです。レザークラフト作りに慣れてきたら、自分好みにアレンジしてみるのもおすすめです。

 

<材料>

  • ・レザー
  • ・バネホック
  • ・バネホック打ち具
  • ・はさみ
  • ・ハンマー
  • ・カッター
  • ・カッティングボード
  • ・ものさし
  • ・ポンチ

簡単!コインケースの作り方

 

  1. インターネットなどからコインケースの型紙をダウンロードする、もしくは自分で型紙を作成する
  2. 型紙に合わせてレザーにケガキをする
  3. ケガいた形にレザーをカッターなどで切断していく (この後に「床磨き」と呼ばれるレザーの内側を整える作業や、断面を整える「コバ磨き」工程をすると、よりきれいに仕上がる)
  4. 金具を取り付ける位置に穴を開けていく
  5. 4で開けた穴にホックを取り付ける
  6. 最後にホックを止めたら、完成!

100均グッズを使ってレザークラフトを楽しもう!

レザークラフトを楽しむ人

 

1からすべて揃えると高そうなレザークラフトセットも、100均で揃う物で作れます。おうちで過ごす時間が増えた昨今、レザークラフトで自分だけのオリジナルアイテムを作ってみてはいかがでしょうか? 完成したら、レザーアイテムの経年経過も楽しみつつ、他に作りたいものに挑戦してみてくださいね。

 

おうち時間が長い今こそDIY!部屋を素敵に変身させる自分だけの「飾り棚」
楽天お買い物マラソン