PET

Jul 11, 2022

ダイソーでゲットできる!冷感グッズでペットの暑さ対策を

冷感マットの上で寝そべる犬

今年もやってきた、暑い夏。愛犬の暑さ対策はもう済んでいますか?

最近はペット冷感グッズも多く、コスパの良いアイテムも充実しています。この記事では、暑い夏を乗りきる「ダイソーのペット冷感グッズ」をご紹介。基本の暑さ対策や100均アイテムを利用した冷感アイデアも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ペットの健康を守るには暑さ対策が必須

愛するペットの健康を守るには、正しい暑さ対策が必要です。暑さ対策の重要性を知り、ペットが快適に過ごせる環境を用意してあげましょう。ここでは、ペットの熱中症リスクと基本の暑さ対策、クーラー使用時の注意点について解説します。

夏はペットの熱中症に要注意!

体温調整をする犬

 

私たち人間と同じく、犬や猫などのペットも「熱中症」になります。熱中症とは、気温や湿度が高い場所にいることで体温が上昇し、嘔吐や下痢、ぐったりするなどの様子がみられる状態です。ペットが熱中症を起こした場合、後遺症が残ったり、最悪の場合は命を落としたりするケースもあるため、日頃の熱中症対策が重要です。

なお、犬や猫はもともと熱中症リスクが高い動物です。というのも、私たち人間は汗の蒸発による「気化熱」で体温を下げますが、汗腺が肉球にしか存在しないペットは十分な汗をかけず、体内の熱を逃がすことができないのです。

また、毛がない種類をのぞき、ほとんどのペットは全身厚い毛皮で覆われているため、熱が体にこもりやすいのも要因のひとつです。

クーラーだけでは体調を崩すことも…

 

ペットとの生活では、クーラーによる暑さ対策が基本です。特に短頭種や幼いペット、高齢のペットは体温調節が苦手なため、熱中症リスクも高め。可愛いペットが暑さで体調を崩さないよう、夏場は必ずクーラーをつけるようにしてくださいね。

なお、クーラーを使う上で注意したいのは、冷えすぎによる体調不良です。これはいわゆる「クーラー病」で、人間だけではなくペットにも起こるもの。常に冷たい風に当たり続けることで自律神経が乱れ、お腹の調子を崩したり、元気や食欲がなくなったりするのです。

ペットの体調不良を防ぐには、自律神経になるべく負担をかけないことが大切です。クーラーの設定温度は25~28℃を目安にし、外気温との差が大きくなりすぎないようにしましょう。時々はクーラーを止め、窓を開けて換気をするのも良いですね。暑く感じる場合は扇風機やサーキュレーターで空気を循環させると、部屋全体の温度が下がり、涼しくなりますよ。

ダイソーで手に入る冷感グッズ7選

暑い夏を元気に乗りきりたいなら、ペット冷感グッズも使ってみて。ペット冷感グッズには色々なものがありますが、クーラーと併用して使うことで、ペットの体に負担をかけずに暑さ対策ができます。ここでは、100円ショップ「ダイソー」で購入できる、プチプラなペット冷感グッズを紹介します。

ひんやり気持ち良い「ジェルマット」

ジェルのひんやり感が気持ち良い、ペット用のジェルマット。ずっと触れていても冷たくなりすぎない、優しいひんやり感が魅力です。表地は水をはじくアルミシートで、サッと拭くだけで汚れが取れる点もポイント。しばらく冷蔵庫に入れてから使用すると、更にひんやり感がアップします。生地が破れると中のジェルが出てしまうため、噛み癖がないペット用におすすめです。

 

お散歩のときも安心「ジェルペットマフラー」

ペットの首に巻いて使用するこちらの商品は、屋外での熱中症対策にピッタリ。首に通った太い血管を冷やし、ペットの体温を効率的に下げてくれます。保冷ジェルは柔らかく、洋服が苦手なペットやデリケートなペットでも、違和感なく装着可能。幅広のマジックテープで簡単につけられるのも嬉しいですね。サイズはS、M、Lと3展開です。

 

快適な睡眠をサポート「冷感ペットベッド」

ネイビーとグレーの落ち着いた色味が可愛い、ペット用のベッドです。生地はひんやり冷たい接触冷感素材で、さらっとした手触りが気持ちいい!中わたがたっぷり入っていて、使い心地も良さそうです。シンプルなデザインながら暑い夏でも蒸れにくく、底面には滑り止めも付いているなど、機能性もバッチリです。

 

夏にぴったりの素材「ペット服(パイル)」

こちらは伸縮性や吸湿性に優れたパイル生地の洋服で、クーラー病予防にもおすすめ。屋外はもちろん、床に溜まったクーラーの冷気で体が冷えないよう、室内でも着せてあげるといいでしょう。サイズはS、M、L、XLと4展開で、小型犬から大型犬までOK。どれも値段は税込330円とコスパ抜群、可愛いフードも付いていますよ。

お部屋でゆったり過ごせる「冷感ペットごろ寝マット」

枕付きのマットなら、冷感ごろ寝マットはいかがでしょうか。生地は耐久性があるポリエステル素材で、頻繁に使ってもへたりにくいのが魅力です。サイズは40cm×60cm×10cmとやや小さめなため、小型犬や猫におすすめ!ネイビーとグレーの2色があり、部屋のインテリアに合ったカラーを選べるのも嬉しいですね。

クーラー対策にも「冷感ペットブランケット」

クーラー対策にもおすすめなのが、こちらのブランケット。表側は冷感生地で、裏側はタオル生地でできています。ひんやり感が欲しいときは表面を下に、肌寒いときに使う場合は裏側を下にしてあげるなど、目的に合わせて使い分けましょう。色は明るめのネイビーとグレーで、小型犬、中型犬、猫向きのサイズ感ですね。

ちょこっと休憩に「冷感ペット座布団、ペットソファ」

毎日のまったりタイムを快適にしてくれるのが、こちらの2点。冷感ペット座布団は楕円形、冷感ペットソファは台形と、ちょっと変わったデザインが可愛いですよね。どちらも接触冷感素材で、触るとひんやり感があります。普段使っている座布団・クッションも良いですが、夏場はこちらに変えてみてもいいかも。

ダイソーで揃うアイテムで!ペットの熱中症対策に使えるアイデア3選

ペット冷感グッズをはじめ、ダイソーにはさまざまな商品が揃っています。ここでは、ペットの熱中症対策に使えるアイテムを、いくつかピックアップ。ペット冷感グッズの代わりとして活用できる「3つのアイデア」を紹介します。

バンダナ+保冷剤でクールネックに

簡易的なクールネックなら、バンダナと保冷剤で作れます。よく冷えた保冷剤をバンダナで包み、ペットの首に巻けば完成。ダイソーのジェルペットマフラーではサイズが合わないときにも活用できます。バンダナがない場合は、大きめのハンカチやタオルなど、どんなものでも構いません。使う前は必ず布の上から手を当てて、冷たすぎないかチェックしてくださいね。

保冷剤+アルミシートでクールマットに

保冷剤とアルミシートを組み合わせれば、クールマットのできあがり。アルミシートを半分に折って袋状にし、中に保冷剤を入れるだけでOKです。アルミシートには保冷・保温効果があるため、保冷剤の冷たさを長時間キープしてくれますよ。そのままだと冷たすぎるので、上に薄手のブランケットやタオルを敷いてから使いましょう。

霧吹きでミストシャワーに

霧吹きがあれば、簡単にミストシャワーを作れます。容器の中に水を入れ、ペットの体にシュッとひと吹きするだけで、気化熱が発生。水分は周囲の熱を奪って蒸発するため、ぬれた部分がひんやり涼しくなるのです。ちなみに、水を直接かけるより、霧吹きで細かい水滴にしたほうが冷やす効果は高まります。ノズル部分が切り替えられるタイプなら、おしっこを洗い流す用としても活用できて便利ですよ。

おわりに

扇風機の風が気持ちいい犬

 

ペットの暑さ対策の基本は、クーラーによる室温調整です。ただし、クーラーだけに頼っていると、冷えすぎによる体調不良や停電時に対応できず、どうしたら良いか迷ってしまう可能性も。万が一のときの暑さ対策は、日頃から考えておくと安心です。

今回ご紹介したダイソー商品は、コスパ抜群ながら使い勝手も良いものばかり。気になる商品が見つかったら、ぜひ近くの店舗をチェックしてみてくださいね。今年の夏は、ダイソーのペット冷感グッズを使って、元気に楽しく乗りきりましょう!