Mar 19, 2021

【簡単】挑戦しやすいエコバッグの作り方を紹介!身近にある物で作れば節約にも

エコバッグを持った女性

レジ袋の有料化が始まり、コストをかけずに自分でエコバッグを作りたいと思う人も少なくありません。本記事では、縫わないで簡単にできる方法や、コンビニでの買い物におすすめの小さいエコバッグ、持ち運びが簡単なエコバッグ入れの作り方などを紹介します。身近にある物を使用した作り方を紹介するので、手軽に挑戦できるでしょう。

簡単なエコバッグの作り方のポイント

白いエコバッグを持つ女性

 

レジ袋が有料になった今、たためるエコバッグをいくつか準備しておくと買い物する時に便利です。コストをかけず、自分の趣味や用途にベストなエコバッグが欲しいなら、DIYがおすすめです。ここでは、コストをかけずに簡単に作るためのポイントを紹介しましょう。

身近にある物や100均材料を使う

リネン生地のエコバッグとハサミと糸

エコバッグは、使わなくなった衣類や100均で手に入る生地などを利用して作ることができます。コストもかからず、簡単にできるので気軽に挑戦しやすいのが魅力です。

裁縫を避けたいなら、布用ボンドなどを使った縫わない方法を

ミシンを出したり、縫う作業が面倒に感じたりした時は、縫わずにできるエコバッグにトライしてみると良いでしょう。フリンジを作る方法や布用ボンドなどを利用すれば、細かい作業もなく、簡単にエコバッグ作りが楽しめます。

【超簡単】Tシャツで縫わずにできるエコバッグの作り方

Tシャツと裁縫道具

縫わずに簡単に作れるのが、Tシャツを使ったエコバッグです。着なくなったTシャツがあれば、ちょっとした手間を加えるだけで、おしゃれなエコバッグを作れます。ここでは、Tシャツを用いた作り方を見ていきましょう。

1. 持ち手を作る

準備する物はTシャツとハサミだけです。肩の部分が持ち手になるため、縫い目に沿って両袖をカットします。次に、襟ぐりを下方向へ長めにカットすれば持ち手の完成です。

2. 裾にフリンジを作る

裾の折り返し部分をカットします。袋のサイズを小さくしたい場合は、長めに切っても良いでしょう。前後の裾を重ねてから好きな幅で切り込みを入れ、フリンジを作ってください。チャコペンなどで横ラインを引いてからカットすると、切り込みの長さを揃えやすくなりますよ。続いて、前後のフリンジをほどけないようきつめに結びます。

3. 裾の切れ端で持ち手をリボン結びする

持ち手を合わせ、切り取った裾でリボン結びをしたら完成です。結び目のリボン結びがアクセントになって可愛いですよ。また、Tシャツの胸元あたりに模様やロゴなどがあれば、それらもデザインとして活躍します。

【簡単】コンビニにおすすめ!小さいエコバッグの作り方

ピンクの小さいエコバッグを持つ女性

 

ここで紹介するのは、コンビニへなどへ行く時に便利な小さいエコバッグの作り方です。縫う作業が面倒なら、布用ボンドでも作れるので、気軽にトライしてみてください。

1. 材料と道具を準備する

まずは、必要な材料と道具を準備しましょう。
<材料>
100均の手ぬぐいやカフェカーテンなど、長方形の生地
<道具>

  • 以下の裁縫道具を準備してください。
    ・ハサミ
    ・チャコペン
    ・待ち針
    ・しつけ糸
    ・縫い針

2. 持ち手を作る

布の柄が内側になるように二つ折りにします。輪になっている方の中央に、チャコペンで縦横15センチ前後の四角を書きましょう。この四角をカットすれば、持ち手と袋の入口になります。好みに合わせて長めにカットするなど、調節してくださいね。四角の下の2隅はカーブを付けてカットし、ステッチを作りやすいように細かな切り込みを入れておきます。

3. 入口部分を縫う

ピンクの布とミシン

 

布を裏にしたまま、アイロンを使ってカットした部分を1センチ幅で三つ折りします。三つ折りしたまま、カーブを付けた隅にも切り込みを入れると、後で縫いやすいですよ。次に、待ち針で留めてから仕付け糸で仮縫いし、ミシンまたは手縫いをします。

 

よりきれいに仕上げたい場合は、バイアステープを使うのもおすすめです。入口の周りにバイアステープを裏側から縫い付け、ひっくり返して表側を同じように縫います。

4. 両端を縫う

柄を内側にして、袋の形を整えます。持ち手側の一番上から、入口部分の高さに合わせて印を付けてください。印から下は、外側から1センチの場所を目安に、上から下へと線を引いてください。もう片方も同じように線を引いたら、両方に待ち針をして仮縫いし、線の上を本縫いしましょう。

5. マチ部分を作る

表にしてマチ部分を作ります。両脇から約3センチを目安に、持ち手から下の方までを谷折りし、アイロンで折り目を付けてください。折り目を付けたら、裏面に戻します。アイロンで付いた折り目の通りに、もう一度マチを整えましょう。マチは表側・裏側、どちらに倒してもOKです。ずれにくいよう、待ち針やしつけ糸で軽く留めます。

6. 底を縫う

最後に、裾から約1センチ離した部分から、底を縫っていきます。しつけ糸などを取り、表にして形を整えたら完成です。袋縫い状態になるので、丈夫なエコバッグができます。

持ち運び簡単!エコバッグ入れの作り方

エコバッグと小さい袋

 

エコバッグを入れる袋も用意しておくと、コンパクトに収納できるので持ち運びもより簡単になります。ここでは、4種類のエコバッグ入れの作り方を簡単に紹介します。

独立型の簡単エコバッグ入れ

まずは、フタつきのシンプルなエコバッグ入れの作り方です。

 

<材料・道具>

ナイロン製の布・裁縫道具

<作り方>

使用するエコバッグをたたみ、メジャーで縦と横のサイズを測ります測ったサイズを基に、エコバッグ入れの寸法を決めます。縦は測ったサイズに約7〜10センチ足した数値、横は測った数値の1/2サイズから約4〜6センチ足した数値です。


上下(縦長の状態)を1センチ幅で三つ折りして縫います。次に、
生地の裏側を上に向けて置き、上部(フタになる部分)を4〜5センチ程度折って仮止めしてください。そこに2センチ程度重なるよう下部を折って仮止めします。仮止めしたまま、ズレないように横の両端を5ミリ程度の縫いしろで縫っていきましょう。最後に裏返して、四隅を引き出したら完成です。

出し入れラクラクのマジックテープ式エコバッグ入れ

よりスムーズにエコバッグを出し入れしたいなら、マジックテープを用いたフタ付きタイプのエコバッグ入れが便利です。

 

<材料・道具>

コットン製の布・マジックテープ・裁縫道具

<作り方>

たたんだエコバッグを当てがいながら、必要な分の布をカットします。フタの部分を設けられるよう、縦は7〜8センチの余裕を持たせてください。1センチ幅のステッチを上下・両端に入れます。フタになる方には、生地の裏面に上2センチほど空けて、ほど良い大きさにカットしたマジックテープ(やわらかい方)を縫い付けます。

 

次に、生地の表の上2センチほど空けた位置に、マジックテープ(固い方)を縫い付けてください。この時、生地の裏面が表を向くようにします。その後、フタになる片側が7〜8センチ飛び出るようにして、山折りにします。横の両端を縫い、裏返せば完成です。

なくす心配なし!本体一体型のエコバッグ入れ

エコバッグ本体と一体型の物なら、なくす心配もなく安心して持ち運べます。

 

<材料・道具>

コットン製の布・裁縫道具

<作り方>

まず、エコバッグの内側にポケットを作ります。エコバッグを畳んだ時のサイズを想定しながら布をカットし、ポケットの口の部分になる箇所を三つ折りにしてステッチを作りましょう。ステッチを作ったら、生地の裏側が表になるように山折りをします。その際、入口部分のステッチにかませられるよう、片側を4~5センチほど高くするのがポイント。そして横側を縫ってポケットが大体完成したら、エコバッグ本体の入口部分にステッチを付ける前に縫い付けます。後はエコバッグ本体の作り方に沿って作れば完成です。

お気に入りキーホルダーを使ったエコバッグ入れ

可愛いぬいぐるみのキーホルダーを使ったエコバッグ入れの作り方です。

 

<材料・道具>

両腕が長めのぬいぐるみ型のキーホルダー・紐またはベルト・裁縫道具

※たたんだエコバッグが、ぬいぐるみのリュックのようになります。調節が可能な角カン付きのベルトがおすすめです。

<作り方>

ベルトがズレないようにぬいぐるみに縫い付けます。エコバッグの大きさに合わせて、ベルトのサイズを調節すれば完成です。まるで、ぬいぐるみがバッグを背負っているかのような姿は、可愛らしくて、持ち運びが楽しくなるでしょう。

簡単な作り方でオリジナルのエコバッグを作ろう

エコバッグを持って歩く女性

 

バッグは、身近にある物や安い生地を使って、自分で簡単に作れます。布の柄や素材にこだわれば、よりおしゃれで実用性の高いエコバッグ作りが楽しめそうですね。オリジナルのエコバッグを作って、普段の買い物も楽しんでください。

 

また、物作りに興味を持った方は、他のリメイクにも挑戦してみてはいかがでしょうか。例えば、普段使用しているスニーカーをリメイクすれば、おしゃれなオリジナルスニーカーを簡単に作れますよ。100均で売っている身近なもので作れるので、難易度も低めです!興味がある方は、下記の記事を参考にぜひ挑戦してみてください。

100均「ダイソー」「セリア」の伸びる靴紐がオススメ!スニーカーリメイクの極意

 

オリジナル商品