May 13, 2021

ドリップ派?フレンチプレス派?違いを生かして、ワンランク上のコーヒータイムを

コーヒーカップに注がれたコーヒー

美味しいコーヒーをより楽しむためには、ドリップやフレンチプレス、サイフォンなど、淹れ方の違いを知ることが大切です。本記事では、それぞれの淹れ方の特徴やコツなど、ワンランク上のコーヒーを味わいたい人におすすめの情報を紹介します。自分好みの味になるコーヒーの淹れ方を見つけ、素敵なコーヒータイムを過ごしてくださいね。

淹れ方の違いを知ることでより豊かなコーヒータイムに

コーヒーカップを手で包む人達

 

コーヒーは奥深いもので、知識を得るほどに楽しみ方の幅が広がります。コーヒーの味を左右するともされる淹れ方には、主に3つの方法があることを知っておきましょう。

淹れ方次第で味わいに違いが出る

自宅でコーヒーを飲むときに、毎回同じように淹れたつもりでも、味に違いを感じることがありますよね。味わいが異なるのは、お湯の温度や注ぎ方、抽出時間が違うから。安定した美味しさを味わうためにも、淹れ方に関する知識・技術を磨いてみてはいかがでしょう。

主な淹れ方はドリップ・フレンチプレス・サイフォン

コーヒータイムをより楽しむために、まずは好みの味に仕上がる抽出方法を見つけましょう。

 

コーヒーの抽出方法には、いくつか種類があります。なかでも一般的なのが、ペーパードリップやフレンチプレス、サイフォン。それぞれの淹れ方には特徴があり、同じコーヒー豆でも味わいが変わってきます。これらの淹れ方を試して、自分のお気に入りの味を見つけてくださいね。

手軽に薫り高いコーヒーを味わいたい人はドリップ

コーヒーをドリップする人の手

 

比較的誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れられるのがドリップ式。ここでは、スタンダードなドリップ手法であるペーパードリップをメインに、特徴や淹れ方を解説します。

ドリップと他の淹れ方との違い

ドリッパーを使い、コーヒーを抽出するのが特徴です。ペーパードリップの他にも、布フィルターを使ったネルドリップなどがあります。

 

蒸らす時間やお湯の注ぎ方など、抽出条件を守ることで美味しいコーヒーに仕上がります。 他の手法と比べて、雑味がなくすっきりとした味わいが特徴です。

ペーパードリップで美味しいコーヒーを淹れるコツ

ペーパードリップのポイントは、最初に少量のお湯でコーヒーの粉を蒸らすこと!十分に蒸らすことで、コーヒー豆本来の風味や旨味を引き出せます。また、一定のスピードを保ちながら、なるべく細くお湯を注ぐことも重要です。お湯がペーパーフィルターに触れないよう気を付けながら、ゆっくりと「の」の字を描きながら注ぎましょう。

ドリッパーを選ぶポイント

ドリッパーは、中級〜上級者なら円錐型、初心者なら台形型がおすすめです。

 

円錐型は、注いだお湯が大きめの穴に集まってすぐに落ちるため、注ぐ速さによって味が変わりやすいです。自分の好きな味に仕上げるには、お湯の量や注ぐスピードを把握して、調整することが重要です。

 

円錐型よりも小さい穴が付いた台形型は、注いだお湯がドリッパーの中心に溜まった後に落ちます。そのため、円錐型に比べ、注ぐスピードが変わっても味が大きく変わることはありません。

 

またドリッパーの内側には、リブと呼ばれる溝が入っています。注いだお湯の流れはリブの形に左右され、風味に変化が起きるのもポイントです。いくつかのリブの形を試して、お気に入りの味を見つけるのも良いですね。

 

コーヒーグッズを始め、キッチングッズをすっきりと収納したい人は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

調理器具のスッキリ収納術を紹介!簡単に実践できるアイディアや便利グッズも

豆本来の味を楽しみたい人はフレンチプレス

フレンチプレスを使う女性

 

専用のポットを使って淹れるフレンチプレスは、そこまで難しい手順がないため、初めての人にもおすすめです。ここでは、他の手法との違いやコツを紹介します。

フレンチプレスと他の淹れ方との違い

フレンチプレスでは、ビーカー式のポットを使います。 コーヒーの粉にお湯を注いだら、プランジャーを押しながらコーヒーを抽出します。

 

フレンチプレスでは、コーヒーの粉が長時間お湯に浸るので、豆の味わいをしっかり堪能できるのがポイント!また、コーヒーのオイルが出るのも特徴的。他の淹れ方と比べて、深いコクを感じられるでしょう。

フレンチプレスで美味しいコーヒーを淹れるコツ

美味しいコーヒーを淹れるためには、お湯を2回に分けて注ぎ、しっかりと蒸らしましょう。また、コーヒーの味を引き出すために、沸騰したてのお湯を使うのがおすすめですよ!

 

抽出を終えたら、早めにフィルターのお手入れをするのも意識しておきたいポイントです。放置しておくとコーヒーの成分が酸化して、フィルター類にニオイがつく可能性があるので気を付けてくださいね。

フレンチプレスを選ぶポイント

フレンチプレスは商品の種類が多く、さまざまな価格帯やデザインがあります。味を重視したい場合には、コーヒーオイルを引き出すメッシュフィルターに着目すると良いでしょう。しかし、メッシュフィルターの種類により、味に違いが出ます。コーヒーオイルならではのコクを感じたい場合は粗い網目、軽めの味が好きなら細かい網目のものを選ぶと良いですよ。

 

また、ビーカーとフィルターの密着度合いによって、口当たりが変わります。滑らかな口当たりのコーヒーに仕上げたい場合は、高密着タイプのものがおすすめです。

濃厚な風味や見た目も楽しみたい人はサイフォン

サイフォンで抽出されるコーヒー

 

サイフォン式は、沸騰することでお湯が上部に移動し、コーヒーを抽出するというもの。ここでは、主な特徴や他との違い、淹れ方のコツを紹介します。

サイフォンと他の淹れ方との違い

サイフォンは、下部にあるボール型のフラスコと、上部にある円柱型のロートでできています。特徴的な器具の見た目からも、他の淹れ方とは違いがあることがわかるでしょう。

 

アルコールランプでフラスコを加熱すると、お湯が沸騰して上昇します。そして、上昇したお湯と、ロートに入れたコーヒーの粉を混ぜて抽出。このとき、フラスコの温度を調整するのがポイントです。他の入れ方と比べて、濃い風味と香りを楽しめますよ。

サイフォンで美味しいコーヒーを淹れるコツ

香り豊かな風味に仕上げるには、挽きたてのコーヒー粉を使用しましょう。そして、雑味が出ないよう、ゆっくりお湯とコーヒーの粉を混ぜます。抽出時間は、豆の挽き具合や自分の好みの味に合わせてくださいね。

サイフォンを選ぶポイント

サイフォンの熱源には、アルコールランプ・ガス・ハロゲン・電気などがあります。好みのスタイルに合わせて、熱源を選びましょう。

 

また、サイフォンはロートやフラスコなどにガラスを使用しているため、壊れやすいです。 壊れたときに、付属品が手に入りやすいかもチェックしておくと安心ですよ。

 

フラスコの形によっては、常にスタンドに乗せておかなければならない種類もあります。そのため、 フラスコをサーバーとしても使用したい人は、底が平らになったタイプがおすすめです。

豆の挽き方や保存状態でも味に違いが出る

豆が入ったコーヒーミル

 

これまでコーヒーの淹れ方について紹介しましたが、コーヒー豆の挽き方によっても風味は変わります。最後に、豆の挽き方や保存期間について紹介します。自分に合ったコーヒーの淹れ方が分かったら、今度は豆にもこだわってみましょう。

コーヒー豆の挽き方は5種類

豆には、極細挽き、細挽き、中細挽き、中挽き、粗挽きがあります。抽出器具に適した挽き方にすることで、豆の旨味や風味をうまく引き出すことができます。

 

短い時間でコーヒーを淹れるエスプレッソマシンは極細挽き、時間をかけて抽出するウォータードリッパーは細挽きが基本です。また、コーヒーメーカーやペーパードリッパーは中細挽き、ネルドリップやサイフォンは中挽きが適しています。 一方、パーコレーターなど金属製の目が粗いフィルターを使う場合は、粗挽きが良いでしょう。

コーヒー豆の保存期間

コーヒー豆を挽いて細かくすると、空気に触れる面が増えて劣化しやすくなります。挽いてから長い時間放置すると、コーヒーの粉は酸化し、本来の風味が損なわれる原因にも。豆のまま保存し、淹れる直前に適量を挽くようにすると、コーヒーの豊かな味わいと香りを楽しめますよ。

 

また、美味しいコーヒーを飲むためには、コーヒー豆や粉の保存期間を守ることも大切です。保存期間は豆の状態で30日程度、粉の状態で8日前後であることを覚えておきましょう。

 

下記の記事では、豆を保存するのにも適したキャニスターを紹介しています。保存容器を探している場合は、ぜひ参考にしてはいかがでしょうか。

インテリアにもなるキャニスター収納。便利な活用方法や保存時のポイントとは

ドリップ・フレンチプレス・サイフォンの違いを体感してみよう

カップを持って笑顔を浮かべる女性

 

コーヒーは、使用する器具や淹れ方、豆の挽き方などによって味が変わります。今回紹介した淹れ方やコツを試しながら、お気に入りの味を見つけて、素敵なコーヒータイムを過ごしてくださいね。

オリジナル商品