May 05, 2022

映えるバーベキューレシピ6選。メインからデザートまでおしゃれに彩ろう

バーベキューをする男女グループ

屋外で美味しくにぎやかに食事ができる、バーベキュー。具材や道具などおしゃれにもこだわれば、もっと楽しめるかもしれません。そこで今回は、普段のバーベキューを華やかにする「映えるバーベキューレシピ6選」とおしゃれで便利なバーベキューアイテムを紹介します。家族や友達と素敵な思い出を作ってみませんか?

映えるバーベキューレシピ【前菜】

まずは前菜の紹介です。インパクトあるメインを楽しむ前に、影の主役の野菜を楽しみましょう。彩り豊かな野菜は、見ているだけでもテンションが上がります!

スティック野菜

バーベキューをする男女グループ

<材料>

  • ・きゅうり
  • ・にんじん
    ・大根
    ・セロリ
    ・パプリカなど(彩りが豊かになればOK)

☆きゅうりのディップソース

  • ・きゅうり 1本
    ・ギリシャヨーグルト 200グラム
    ・にんにくすりおろし 10グラム (チューブOK)
    ・レモン汁 15グラム
    ・オリーブオイル 20グラム
    ・塩 1つまみ

 

〇アボカドのディップソース

  • ・アボカド 1個
    ・玉ねぎ 50グラム
    ・ミニトマト 50グラム
    ・タバスコ 10グラム
    ・黒胡椒 少々
    ・パクチー お好みの量
    ・塩 少々
    ・カイエンペッパー お好みで

 

<作り方>

  • 野菜はそれぞれスティック状になるように切れば完成

☆の作り方

  1. きゅうりを縦に切り、種を取り除いたら細かくカットする
  2. ☆の材料と1を混ぜ合わせたら完成

 

〇の作り方

  1. アボガドを粗く潰し、玉ねぎはみじん切りに、ミニトマトは小さめにカットする
  2. 〇の材料をざっくりと混ぜ合わせたら完成

 

ディップソースは当日の朝に作ると変色を防げます。

焼きアボカドとトマトのカプレーゼ

アボカドとトマトのグリル

<材料>

  • アボカド 2個
    ・トマト(中) 4個
    ・モッツァレラチーズ 2個
    ・塩コショウ 少々
    ・オリーブオイル(エキストラバージン) 適量
    ・バジルペースト 適量

 

<作り方>

  1. アボカドの種を半分に切って種を取り、果肉をスプーンで取り出す
  2. トマトはヘタを取り、ヘタを取った部分に浅く十字の切り込みを入れる
  3. 1と2をそれぞれアルミホイルに乗せ、塩コショウを振り、オリーブオイルをたらして包む。
  4. 炭の近くで10分程度焼く。野菜がやわらかくなったら、モッツァレラチーズをちぎって乗せ、チーズが溶けたらたらバジルペーストをかけて完成

 

映えるバーベキューレシピ【メイン】

次にメインレシピの紹介です。バーベキューの醍醐味といえば、やはり肉。豪快な肉を皆で楽しく食べましょう!

スペアリブ

おいしそうなスペアリブ

<材料>

  • ・骨付き豚バラ肉 800~1000グラム
    ・塩 少々
    ・粗びき黒コショウ 少々

 

☆漬けダレ

  • ・しょうゆ 大さじ2
    ・ケチャップ 大さじ2
    ・酢 大さじ1
    ・砂糖 大さじ1
    ・ママレード 大さじ3
    ・塩 少々
    ・ニンニク(すりおろし) 2片

 

<作り方>

  1. 骨付き豚バラ肉の骨と肉の間をフォークで数か所刺して、塩と粗びき黒コショウをふる
  2. ☆の材料を袋に入れ、混ぜる
  3. 豚骨付きバラ肉を2の中に入れ、空気を抜いて口を閉じたら冷蔵庫で1時間置く
  4. 3を焼き、表面が焼けたら火が弱い場所に移し、漬けダレをハケでぬりながら、中に火が通るまで焼いたら完成

バーベキューチキン

パプリカとチキン

<材料>

  • ・鶏もも肉 250グラム
    ・玉ねぎ 1/2個
    ・ピーマン 2個
    ・赤パプリカ 1/2個

 

☆タレ

  • ・玉ねぎ 1/2個
    ・酒 大さじ2
    ・ケチャップ 大さじ3
    ・はちみつ 大さじ1
    ・しょうゆ 大さじ3
    ・おろしにんにく 小さじ1


<作り方>

  1. 鶏肉に数カ所フォークで刺して穴を開ける
  2. 玉ねぎを薄切りにしピーマン、赤パプリカは食べやすい大きさにカット。タレ用の玉ねぎはすりおろしておく
  3. ボウルに☆を入れて混ぜ、タレを作っておく
  4. 袋に鶏もも肉、玉ねぎ、ピーマン、赤パプリカ、タレを入れてもみ込み、空気を抜いて閉じたら冷蔵庫で30分程置く
  5. 鶏肉を皮から焼き、肉に火が通るまでじっくり焼く
  6. 野菜は火が通るまで2〜3分程度焼く
  7. 袋に残ったタレをハケなどで塗り、再度焼いたら完成

 

映えるバーベキューレシピ【デザート】

メインを食べ終えたら締めのデザートです。バーベキューならではのデザートを作って最後まで楽しみましょう!

焼きリンゴ

3つの焼きリンゴ

<材料>

  • ・リンゴ 1個
    ・バター 大さじ1
    ・砂糖 大さじ1
    ・シナモン 小さじ1/2

 

<作り方>

  1. スプーンでリンゴの種や芯をくり抜く
  2. リンゴの皮の上から、爪楊枝で20ヵ所ほど浅く穴を開ける
  3. 1のくり抜いた穴に、砂糖、シナモンを詰め、最後にバターを上から詰め込む
  4. アルミホイルを3重にして包み込む
  5. まんべんなく火を当てながら、2~3時間でかけてじっくり焼いたら完成

チョコレートフォンデュ

チョコレートフォンデュのマシュマロ

<材料>

  • ・アルミ皿 1枚
    ・板チョコ 2枚
    ・牛乳 大さじ2
    ・バナナやフランスパン、マシュマロなどお好みの食材

 

<作り方>

  1. バナナやパンなどの食材をを一口大にカット
  2. アルミ皿にチョコレートを割って入れ、牛乳を入れる
  3. アルミ皿を網の上に乗せ、チョコレートと牛乳を混ぜながら溶かす
  4. チョコレートが溶けたら、牛乳を足して好みのゆるさになったら完成

 

アルミ皿は、火力の弱い部分に置いた方が、ゆっくり食べれるのでおすすめです。チョコレートが固まってきたら再び火にかければ元の状態に戻ります。イチゴなどのフルーツ、クッキー、マシュマロ、などもを使っても楽しめますね。

バーベキューであると便利なアイテム

最後は、あったら便利なバーベキューアイテムの紹介です。機能性はもちろんのこと、見た目もおしゃれで料理中に思わず写真を撮りたくなるアイテムばかりですよ。

蓋つきバーベキューコンロ

蓋つきのバーベキューコンロ

オーブンと同じで、蒸し焼きの料理にも対応。肉の場合、遠火で蒸し焼きすれば外はカリカリ、中はジューシーな仕上がりになります。また、手軽に燻製も楽しめるのも嬉しいポイント。蒸し焼きや燻製ができるとバーベキュー料理の幅が広がりますね。

スキレット

調味料とスキレット

スキレットとは、厚手の鋳鉄製のフライパンのことを指します。他のフライパンより、蓄熱性も高く食材の美味しさをより引き立たせられます。シンプルなデザインから、そのままテーブルに置くだけでもおしゃれです。ホットケーキやフレンチトーストなどもスキレットで作ると、インスタ映えしますよ。

見た目も美味しさも満点のバーベキューレシピを作ろう!

屋外でのバーベキュー

 

前菜の彩り豊かな野菜や、インパクトある肉、バーベキューならではの作り方ができるデザートなど、ついつい写真に収めたくなるものばかりです。今回紹介したレシピを参考に、映えるバーベキューレシピを作ってみてください。

 

ダイソーの便利なキャンプグッズが侮れない!家族で楽しい思い出を作ろう

 

オリジナル商品