Mar 03, 2022

銘店の味!「布袋のザンギカレー炒飯の素」って知ってる?:調味料マカセvol.9

料理の最後の決め手となるのが、調味料による味付けです。日本人に馴染みのある「さしすせそ」だけではもったいない!
こちらの連載では、今流行りの調味料から、知るひとぞ知るプレミアムな調味料まで、かんたんレシピと一緒にご紹介します。味に奥行きを出したり、自分で調節しなくても味が決まる、お気に入りの一品を見つけてみてください。

今回は、病みつきになること間違いなし!「布袋のザンギカレー炒飯の素」をご紹介

writer

アオヤマ 夫婦二人暮らし、料理はニガテだけど美味しいものは好き!

 

 

布袋のザンギカレー炒飯の素」はどんな調味料?

札幌の人気店「布袋」のまかないから生まれた隠れメニュー「ザンギカレー炒飯」

これをおうちでも手軽に再現できるように開発されたのがこの布袋のザンギカレー炒飯の素」なんです。

仕上げに入れて炒めるだけで美味しい〜炒飯や焼きそばができちゃいます!

 

原材料はこちら

しょうゆ(国内製造)、発酵調味料(水あめ、、アルコール、その他)、カレー粉、清酒、食塩、チキンパウダー、鶏油、香辛料/酒精、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタン)、香料、(一部に小麦・大豆・鶏肉を含む)

 

ひと口そのまま舐めて見ると、「しょっぱい!!」これだけで食べるものではありませんでした…(そりゃそうですが)

でも、その後口に独特の旨味とカレー味が広がって「これ料理に入れたら絶対美味しいやつだ…」と確信。

 

布袋のザンギカレー炒飯の素」を使った料理

早速料理に使ってみることに。

 

最初はもちろん炒飯に。

 

残り物のどんな野菜にも合いそうですが、特にキャベツがよかったかも!お肉はベーコンなどの加工肉か鶏肉が合いそうです。

 

元々の味がしっかりしているので、味付けはこれで十分。入れすぎに注意です。

 

お次は焼きそば

 

いつものソース焼きそばとは全然違う!もちろんただカレー味という訳ではない旨味を感じることができます。

これは病みつきになってしまいそうです。思い出すと食べたくなる味。

 

ひき肉との相性も抜群です

 

最後に、他の料理にもアレンジで使えないかと思ったところ、冷蔵庫に余ったひき肉を発見。

「もしかして…」と思い早速試してみることに。

ただひき肉を炒めて布袋のザンギカレー炒飯の素」で味付けしただけの丼に卵黄を落として完成です。

 

これが美味しい!

いくらでもご飯が進んでしまいます。小腹の空いたお昼ご飯にちょうどいい手軽さと満足感!

 

お手軽に「銘店の味」が楽しめるおすすめ調味料

 

まだまだ色々な使い方が期待できそうな調味料でした。唐揚げのやステーキの下味に使っても美味しそう…。

スーパーなどで見かけた際はぜひお試しください!

 

 

こちらもチェック!↓

 

オリジナル商品